「川本大輔」の版間の差分

編集の要約なし
(誤用表現の訂正)
|選出方法 =
}}
'''川本 大輔'''(かわもと だいすけ、[[1982年]][[5月18日]] - )は、[[読売ジャイアンツ広島県]]に所属していた[[三原市]]出身の元[[プロ野球選手]]。[[血液型]]はA型。
 
== 経歴 ==
三原中央シニア時代は全日本にエースとして出場、[[広陵高等学校]]時代は3年春にセンバツ出場、夏に広島県大会ベスト8入りを果たす。[[2000年]][[ドラフト会議|ドラフト]]5位で[[読売ジャイアンツ]]入団。
 
[[サイドスロー]]から最速142km/hの[[速球|ストレート]]と[[カーブ (球種)|カーブ]]・[[スライダー (球種)|スライダー]]・[[チェンジアップ]]など多彩な変化球を繰り出す本格派だったことから、[[斎藤雅樹]]2世と言われた。
最速142キロと本格派(他にカーブ、スライダー、チェンジアップなど多彩な球種を持っている)のサイドスローの投手で、[[斎藤雅樹]]2世と言われた。ルーキーだった[[2001年]]、プロの厳しさを痛感、自信を失ってしまい、[[2002年]]3月19日の教育リーグ・日本ハム戦に先発したが、8連続を含む11四死球を与え2死しかとれず降板。参考記録ながら1イニング11四死球という不名誉な記録を打ち立てた。いわゆる投球恐怖症である。川本は入団した当時からその症状があり、オーバースローに変更したがストライクが入らず、元に戻しても結果は同じだったという。
 
最速142キロと本格派(他にカーブ、スライダー、チェンジアップなど多彩な球種を持っている)のサイドスローの投手で、[[斎藤雅樹]]2世と言われた。ルーキーだった[[2001年]]、プロの厳しさを痛感、自信を失ってしまい、[[2002年]]3月19日の教育リーグ・日本ハム戦に先発したが、8連続を含む11四死球を与え2死しかとれず降板。参考記録ながら1イニング11四死球という不名誉な記録を打ち立てた。いわゆる投球恐怖症である。川本は入団した当時からその症状があり、[[オーバースロー]]に変更したがストライクが入らず、サイドスローに戻しても結果は同じだったという。
 
そんな川本を支えたのが広陵の中井哲之監督であり、何度も電話して励ましを受けたのに加え、同年10月13日にも修学旅行で上京していた恩師と会食。「自信を持ってやれ」と激励され、16日の好投で本来の自分をアピールし投球恐怖症を克服。
 
だが、一軍登板がないまま[[2004年]]10月7日に戦力外通告を受けた。合同トライアウトを受けたがどの球団からも声がかからず。台湾移籍も視野に入れていなかっ(尚、台湾移籍を目指したときの仲介役は、広陵高校の先輩で元[[パ・リーグ]]審判員の[[橘修]]や、前投手コーチの[[鹿取義隆]]である)が、今は[[ゼット (企業)|ゼット]]の社員として第2の人生を歩んでいる
 
台湾移籍も視野に入れていた(尚、台湾移籍を目指したときの仲介役は、広陵高校の先輩で元[[パ・リーグ]]審判員の[[橘修]]や、前投手コーチの[[鹿取義隆]]である)が、今は[[ゼット (企業)|ゼット]]の社員として第2の人生を歩んでいる。
 
==エピソード人物==
*選手やコーチからは「大輔」、ファンからは「ガチャ」(目がガチャピンに似ているらしい)と呼ばれていた。
*[[2001年]]10月9日、[[コスモス・リーグ|教育リーグ]]・ダイエー戦前、試合中のブルペンで[[佐藤宏志]]が[[加藤健]]を相手に投げ込んでいたところ、そこに現れた川本が佐藤の隣で[[村田善則]]相手にピッチングを始めた。カーブが凄い勢いで曲がり、投げた川本も周囲の3人も目を丸くした。構えたところにドンピシャのストライクで、ボールは隣のキャッチャー・加藤のミットに収まっていたのである。「あれは打てませんね…」と川本。
10,991

回編集