「米国化学会誌」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: it:Journal of the American Chemical Society)
{{Infobox Journal
'''米国化学会誌''' (''Journal of the American Chemical Society'') は[[アメリカ化学会]]により発行されている[[学術雑誌]]である。略記は''J. Am. Chem. Soc.''。しばしば'''''JACS'''''(「ジャックス」あるいは「ジェイ・エーシーエス」)という略称が用いられる。[[アンゲヴァンテ・ケミー・インターナショナル・エディション]] (''Angewandte Chemie International Edition'') などとともに[[化学]]分野における最高峰の学術雑誌である。
|title = Journal of the American Chemical Society
|cover =
|discipline = [[学際]]
|language = 英語
|website = http://pubs.acs.org/journals/jacsat/index.html
|publisher = [[アメリカ化学会]]
|country = [[アメリカ]]
|abbreviation = J. Am. Chem. Soc., JACS
|history = 1879 to present
|frequency = Weekly
|impact = 8.091
|impact-year = 2008
|ISSN = 0002-7863
|eISSN = 1520-5126
}}
 
'''米国化学会誌''' (''Journal of the American Chemical Society'') は[[アメリカ化学会]]により発行されている[[学術雑誌]]である。略記は''J. Am. Chem. Soc.''。しばしば'''''JACS'''''(「ジャックス」あるいは「ジェイ・エーシーエス」)という略称が用いられる。[[アンゲヴァンテ・ケミー・インターナショナル・エディション]] (''Angewandte Chemie International Edition'') などや[[ネイチャー ケミストリー]](''Nature Chemistry'')とともに[[化学]]分野における最高峰の学術雑誌である。
1879年に創刊され、1893年に ''Journal of Analytical and Applied Chemistry'' が、1914年には ''American Chemical Journal'' が吸収された。世界各国、化学全般における研究者より投稿される論文は[[ピアレビュー]]により精査され、基準を満たすもののみが掲載される。[[科学情報研究所]] (Institute for Scientific Information, ISI) の統計によると、米国化学会誌は化学分野の中でもっとも引用数の多い雑誌である。2006年現在の編集責任者は[[ユタ大学]]のピーター・J・スタングが務めている。
 
1879年に創刊され、1893年に ''Journal of Analytical and Applied Chemistry'' が、1914年には ''American Chemical Journal'' が吸収された。世界各国、化学全般における研究者より投稿される論文は[[ピアレビュー]]により精査され、基準を満たすもののみが掲載される。[[科学情報研究所]] (Institute for Scientific Information, ISI) の統計によると、米国化学会誌は化学分野の中でもっとも引用数の多い雑誌である。20062008の[[インパクトファクター]]は8.091。2002年から2010年の現在まで、編集責任者は[[ユタ大学]]のピーター・J・スタングが務めている。<ref>[http://pubs.acs.org/page/jacsat/editors.html JACS Editos and Editorial Board]</ref>
 
週に1回刊行され、4-10ページ程度の論文と2-3ページの速報が掲載されている。
 
==参照==
{{Reflist}}
 
==外部リンク==
282

回編集