「豊島家住宅」の版間の差分

若干加筆、あまり必要性のない外部リンク取る
(新規作成)
 
(若干加筆、あまり必要性のない外部リンク取る)
'''豊島家住宅'''(としまけじゅうたく)は、[[日本愛媛県]][[重要文化財松山市]]に指定されている歴史的建造物([[民家]])。国の[[愛媛県]][[松山市重要文化財]]に所在指定されている
 
== 概要 ==
[[中予地方]]の豪農で[[庄屋#大庄屋|大庄屋]]であった豊島家の邸宅である。{{和暦|1758}}に建設された主屋(おもや)と表門、長屋門、長屋、米倉、衣装倉、中倉の計7棟が重要文化財より構成指定され、主ている。豊島、藩の軍用馬の飼育が命じられ、馬が設けられていた。現存ごや)る長屋は、もとの馬屋を後居室に改造したものである。また、当家は幕府の[[巡見使]]の宿泊所にも使用され、巡検使が滞在した座敷が残されている。主(つは、奥や)居室部と手前の座敷部雁行形に、これらを相の間で繋いで一体化し、それぞれに入母屋造屋根を架け複雑な構成に特徴があり「'''井門の[[八棟造り]]'''」(いどのやつむねづくり)と呼ばれる。
 
[[1970年]][[6月17日]]に国指定重要文化財となりに指定され、主屋は[[1972年]]から[[1974年]]にかけて、表門部分付属建物と塀は[[1977年]]から[[1979年]]にかけて大規模な、それぞれ解体修理が行われた。
 
== 建築概要 ==
** 建築年代:{{和暦|1758}}
** 総茅葺、庇本瓦葺
*** 居室部 桁行24.6m、梁間11.8m、入母屋造四面庇付
*** 居室座敷取合部 桁行4.9m、梁行8.9m、入母屋造、東西面庇付
*** 座敷部 桁行12.9m、梁間6.9m、入母屋造、東西面及び南面庇付、[[便所]]附属
:主屋は敷地の東寄りに建ち、西側は庭園になっている。居室部(主体部)は、東側3分の2を土間、西側3分の1を居間、台所等の居室とする。東西棟の居室部の西端に矩折りに南北棟の屋根を架け、その南の東西棟の角屋(つのや)が座敷部となる。座敷部は書院、二の間、三の間からなり、書院は床(とこ)、棚、付書院を設けた本格的な数奇屋風の造りとし、欄間などに意匠をこらしている。修理時に居間の鴨居から宝暦8年(1758年)の墨書が発見され、これが
建立年とされている。
 
* 表門
* [http://www.bunka.go.jp/bsys/index.asp 文化庁・国指定文化財データベース]から"豊島家住宅(愛媛県松山市井門)"を検索
* [http://www.city.matsuyama.ehime.jp/kybunka/1175928_1047.html 豊島家住宅 7棟](松山市ホームページ)
* [http://www.mcvb.jp/kanko/spot/search_rekisi_kougai.html 松山市郊外](松山観光コンベンション協会)
 
{{DEFAULTSORT:としまけしゆうたく}}
16,146

回編集