「グレナダの国章」の版間の差分

編集の要約なし
以下構成
*金の十字で四分割された赤と緑の盾。
*左上と右下には赤地に金の獅子。これは[[イギリス]]を象徴している。赤地に金の獅子はイングランドの紋章で、現在のイギリスの紋章にも使われている。右上と左下には緑地に金の三日月と百合。これはキリスト教への信仰の象徴。金の十字の上には[[コロンブス]]の乗ったサンタマリア号が描かれている
*盾持ちは左が[[アルマジロ]][[トウモロコシ]]。右が国鳥の[[グレナダバト]][[バナナ]]
*盾の上には金の兜。赤と白のリースの上の兜飾りは、[[ブーゲンビリア]]の花輪と七輪の薔薇。薔薇はグレナダの6郡と1属領区を象徴している。
*盾の下には大エタング湖の風景が広がっている。
368

回編集