「最後のストライク」の版間の差分

編集の要約なし
『'''最後のストライク~炎のストッパー津田恒美・愛と死を見つめた直球人生~'''』は、[[2000年]][[7月28日]]の『[[金曜エンタテイメント]]』枠で放送された[[広島東洋カープ]]・[[津田恒実]]の現役時代と闘病生活を描いたスペシャルドラマ。津田夫人・晃代氏の同名の手記を原作としている。
 
==概要==
広島東洋カープの炎のストッパーとして活躍し、「'''弱気は最大の敵'''」の言葉を信条とし、人々の心を魅了した津田恒実の選手時代の栄光と病魔に襲われてからの2年半にわたる闘病生活を描き、[[フジテレビジョン|フジテレビ]]の[[ディレクター]]の熱意で温められた企画がドラマとして放送された。[[ウグイス#その他|ウグイス嬢]]や実況[[アナウンサー]]には津田が現役当時に務めていた本人が出演し、また当時の津田のチームメイトも、端役として様々なシーンに出演している。
 
なお、本作の脚本を手掛けた[[松原敏春]]は放送からわずか半年後の2001年2月6日に53歳で急逝している。
 
==データ==
[[Category:2000年のテレビドラマ]]
[[Category:野球を題材とした作品]]
[[Category:幻冬舎]]
匿名利用者