「台北栄民総医院」の版間の差分

翻訳終了のため翻訳中途Tempを除去。一部内容修正。
(翻訳終了のため翻訳中途Tempを除去。一部内容修正。)
[[ファイル:Taipei-Veterans-General-Hos.jpg|thumb|台北榮民総医院的大廳晚上景色の夜のロビー]]
{{翻訳中途|1=[http://zh.wikipedia.org/w/index.php?title=%E8%87%BA%E5%8C%97%E6%A6%AE%E6%B0%91%E7%B8%BD%E9%86%AB%E9%99%A2&oldid=10728982 zh:臺北榮民總醫院の2009年7月28日 (二) 16:32 (UTC)の版]|date=2009年8月}}
'''台北栄民総医院'''(たいぺいえいみんそういいん、{{繁体字中文表記|臺北榮民総医總醫;}}、{{ピンインtai2bei3rong2min2zong3yi1yuan4)音|Táiběi Róngmín Zǒngyīyuàn}})は[[中華民国]]([[台湾]])[[台北市]]にある最も大きな国立[[病院]]のひとつである。略称は'''台北栄総'''。[[行政院]][[国軍退除役官兵輔導委員会]]の直病院である。
{{記事名の制約|台北榮民総医院|disablerealtitle=yes}}
[[ファイル:VGHofTaipei.JPG|thumb|300px|台北榮民総医院中正楼]]
[[ファイル:Taipei-Veterans-General-Hos.jpg|thumb|台北榮民総医院的大廳晚上景色]]
'''台北栄民総医院'''(台北榮民総医院;ピンインtai2bei3rong2min2zong3yi1yuan4)は[[中華民国]]([[台湾]])[[台北市]]にある最も大きな国立[[病院]]のひとつである。略称は'''台北栄総'''。[[行政院]][[国軍退除役官兵輔導委員会]]の直管病院である。
 
台湾における医療衛生体制において、国立[[台湾大学]]付属病院、三軍総合医院、国立[[成功大学]]付属病院及び長庚紀念医院と同じく最高レベルの医療センターとして位置付けられている。また、22階建ての中正棟は[[石牌]]地区のランドマークの一つとなっている。
 
==規模==
開院当初は病床数約600の現役または退役軍人専用病院であったが、現在では一般にも開放されている。1日の外来患者は10,000人台、病床数約3,000、[[医師]]数960人強、[[看護師]]約2200人強をはじめ全職員数は5,000人を超える。病院は中正棟、思源棟、長青棟、第一、二、三門診ビル、致棟、神経再生センター、身障センター、動力センター等で構成され,敷地面積302,216ヘクタール,総建築面積は511,364平方キロメートルとなっている。
 
==沿革==
*[[1958年]][[7月1日]] 創立、[[1959年]][[11月1日]]正式に業務を開始。首任院長は盧致德博士。
*[[1959年]][[11月1日]] 正式に業務を開始。首任院長は盧致徳博士。
*[[1971年]] [[蔣經蒋経国]]指示により會同[[国防医学院]]共同成立[[国立陽明大学|陽明大学医学部]]培養が成立し、医療人材を養成することとなる
*[[1981年]] [[台中榮民総医院|台北栄総台中分院]]([[台中市]])開院。
*[[19851981年]] [[湾で初の体外受精中市]]分院であ妊娠、出産台北栄総 台中分院成功させる開院
*[[1985年]] 台湾で初の[[体外受精]]による[[妊娠]]、[[出産]]を成功させる。
*[[1988年]]蔣經国[[総統]],本院で逝去。;台北栄総台中分院が独立し[[台中榮民総医院|台中栄民総医院]]となる。
*[[19901988年]][[高雄榮民総医院|台北栄総高雄分院1月13日]]( 蒋経国[[高雄市総統]])開,本で逝去
*[[19931988]] 台北栄総高雄台中分院が独立し[[高雄榮民総医院|高雄台中栄民総医院]]となる。
*[[19811990年]]  [[台中榮民総医高雄市]]に分|である台北栄総台中 高雄分院]]([[台中市]])開院。
*[[2004年]]前総統夫人であった[[蔣方良]]夫人、本院にて病逝。
*[[19881993年]]蔣經国[[総統]],本院で逝去。; 台北栄総台中高雄分院が独立し[[台中榮民総医院|台中高雄栄民総医院]]となる。
*[[2006年]]前行政院長であった[[孫運璿]]資政、本院にて病逝。
*[[20092004年]][[1121615日]] 前総統夫人であった[[台大医院蒋方良]]院長及び[[衛生署]]署長を歴任した林芳郁博士が夫人、本院総院長就任て病逝
*[[20042006年]][[2月15日]] 総統夫人[[行政院長]]であった[[蔣方良孫運セン|孫運璿]]夫人資政、本院にて病逝。
*[[2009年]][[1月16日]] [[国立台湾大学医学院附設医院|台大医院]]院長及び[[行政院衛生署|衛生署]]署長を歴任した林芳郁博士が本院総院長に就任。
 
==117号病室==
117号病室は地理的な位置及び[[蒋介石]]一族の特別な関係から特殊病室といわれた。蒋介石一族のプライベートな病室であり、蒋介石一族の三代にわたり、健康診断、休養、治療を行ってきたといわれる。最近では[[1989年]][[4月14日]]に[[蒋孝文]]、[[1991年]][[7月1日]]に[[蒋孝武]]、[[1996年]][[12月22日]][[文]]、[[蔣孝武]]、[[蔣孝勇]]三兄弟が共に当病室に搬送されたことから、この病室の神秘性が話題となった。
 
==外部リンク==
*[http://www.vghtpe.gov.tw/ 台北民総医院]
 
{{Hospital-stub}}
{{DEFAULTSORT:たいへいえいみんそういいん}}
<!-- [[Category:中華民国の医学中心|えいみん]] -->
<!-- [[Category:台北市の医院|えい]] -->
[[Category:中華民国の政府機構]]