「白井海岸駅」の版間の差分

m
編集の要約なし
(|座標 = {{ウィキ座標2段度分秒|40|1|57.85|N|141|52|58.94|E|}})
m
|駅名 = 白井海岸駅
|よみがな = しらいかいがん
|ローマ字 = Shirai-KaiganSHIRAIKAIGAN
|前の駅 = [[普代駅|普代]]
|駅間A = 3.4
|画像 = sirai36.jpg
|pxl =
|画像説明 = ホーム 2008(2008年5月
|電報略号 =
|所属事業者 = 三陸鉄道
|備考全幅 =
}}
[[画像ファイル:Sirai.jpg|thumb|240px|right|駅周辺 2008(2008年11月]]
'''白井海岸駅'''('''しらいかいがんえき''')は、[[岩手県]][[下閉伊郡]][[普代村]]にある[[三陸鉄道北リアス線]]の[[鉄道駅|駅]]。
 
== 駅構造 ==
[[プラットホーム#単式ホーム|単式ホーム]]1面1線の[[地上駅]]。谷の上を線路が横断する部分に設置されているので、ちょっとした[[高架駅]]のような雰囲気がある。プラットホームの両側はすぐ[[トンネル]]になっている。南側(普代駅方面)のトンネルはごく短く、反対側の出口を見ることができる。最初から[[無人駅]]を前提として設計されているためか、待合室や改札設備などは存在しない。せず、プラットホームのすぐ側に[[公衆電話]]ボックスがあるが、電話機自体は撤去されている。
 
== 駅周辺 ==
駅から川沿いに標高差約50mの坂道を下ると、やがて小さな漁港に出る。ただし、こちら側に民家はまったく存在せず、売店はもちろん、自動販売機の類も見つけることができない。[[国土地理院]]発行の地形図に表示されている建屋は、実際には[[カキ (貝)|牡蠣]]打ちなど、魚介類の加工場である
山側の急峻な坂道を登ると、約1kmで白井地区のはずれに到着するが、行き交う車両もほとんどなく、かなりさみしい行程となる。白井地区からは、国道沿いに1日数便の[[普代村営バス]]が普代駅方面に運行されている。
* [[国道45号]]
 
== その他 ==
この駅は俗に[[秘境駅]]の一つとして取り上げられることが多いが、列車は上下ともに概ね1時間ごとに停車しており、鉄道を利用してのアクセスは比較的容易である。地元住民の利用は少数だが、旅人や釣り人などの利用は意外と多い。
 
== 関連項目 ==
7,489

回編集