メインメニューを開く

差分

遺伝的アルゴリズム

サイズ変更なし, 8 年前
m
→‎スキーマ理論: δ(H) の例についてバグ修正
のように * 以外の部分が一致している遺伝子型を持つ個体のことを「スキーマ ''H'' を含む個体」と表現する。
 
スキーマ理論特有の用語として'''定義長'''と'''オーダ'''がある。定義長とはスキーマの一番左のアスタリスク以外の文字と一番右のアスタリスク以外の文字との距離のことである。これは ''δ(H)'' という形で表す。上記の例の場合は ''δ(H)'' = 43 である。オーダとはスキーマ内のアスタリスク以外の文字の数のことである。これは ''O(H)'' という形で表す。上記の例の場合は ''O(H)'' = 3 である。
 
=== スキーマ定理と積み木仮説 ===
20,241

回編集