「カタログ」の版間の差分

m
91.23.227.185 (会話) による版を Los688 による版へ巻き戻し
(ことばの語源は大事ですね。そのため、ギリシャ語の表記は有用です。)
m (91.23.227.185 (会話) による版を Los688 による版へ巻き戻し)
{{otheruses|カタログそのもの|[[天野月|天野月子]]の[[ベストアルバム]]『カタログ』|デラックスカタログ}}
'''カタログ''' (ギリシャ語の''catalog, catalogue'κατάλογος''' カタロゴス から由来。この語は一覧を意味する) は商品や展示物などの品目を整理して書き並べたもので、目録や説明書、案内書をいう。漢字で'''型録'''と当てる場合もある。
 
== 類似した表現 ==
[[小冊子|小冊子パンフレット]] (''pamphlet'') や[[リーフレット]] (''leaflet'') はもともと[[印刷]]物の形態を指すが、印刷物としての用途から説明書や案内書の意味合いを持つようになったため、利用目的が似たカタログと同一視される場合が多い。本来、目録であれば形態により「パンフレット(小冊子にしたカタログ(目録)」あるいは「カタログのパンフレット」「リーフレットカタログ」などという表現になる。
 
また、特に図版の多いものや、より詳細な説明を施したものを「高級パンフレット=カタログ」と解釈することもあるが、宣伝[[広告]]の分野では既成のものとの差別化を図る意味合いから、[[小冊子|ブローシャー・ブローシュア]] (''brochure'') という言葉を使うようになった。
 
== 英語における解釈 ==
=== 綴りの違い ===
* [[アメリカ英語]]で ''catalog'' 、[[イギリス英語]]では ''catalogue''
 
=== 辞書によるもの===<!--英語版のwikipedia、wiktionary-->
* [[図書館]]が所蔵する書籍などの品目の目録や一覧表、[[蔵書目録]] (''Library cataloguecatalog'')
* 項目を(特定の付番、アルファベット順など)系統的にまとめたり列挙した目録や一覧表
* 目録や一覧表を作成したり、それらに品目を載せたりすること
 
=== 一般的な解釈 ===
主に ''Library cataloguecatalog'' (図書目録)、 ''Mail-order cataloguecatalog'' ([[通信販売]]カタログ)、 ''Auction cataloguecatalog'' ([[オークション]]カタログ)など、何のカタログであるかということを示した上で用いられる場合が多い。単に ''cataloguecatalog'' というと、例えば商品カタログの場合は商品番号順に並べた品番リストを連想する。
 
写真やイラストを多用して詳細な説明した高級なパンフレットやカタログは ''brochure'' (ブローシャー・ブローシュア)と呼ばれ区別される。