「ビザンティン」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
m
'''ビザンティン''''''ビザンチン'''は[[東ローマ帝国]]の首都であった[[コンスタンティノポリス|コンスタンティノポリス]](コンスタンディヌーポリ)]]の旧名[[ビュザンティオン]]を語源とする、東ローマ帝国およびその文物を指す名称。[[正教会]]の広まった地域を中心に文化的な影響を及ぼし、これらの地域における文物の特定の様式にもビザンティンの名が付される事がある。ビザンティンは[[英語]]の形容詞 "{{lang|en|Byzantine}}"に由来するが、[[ドイツ語]]の名詞'''ビザンツ'''(({{lang|de|Byzanz}}, ただし標準ドイツ語発音ではビュツァンツ)とも表記される。
 
なお、「ビザンティン」「ビザンツ」のいずれも後代に用いられるようになった用語であり、東ローマ帝国時代から用いられていた呼称ではない。
** '''[[ネオ・ビザンティン建築]]''' - [[19世紀]]中葉から[[20世紀]]初頭に発展したビザンティン様式。
** '''[[テッサロニキの初期キリスト教とビザンティン様式の建造物群]]''' - [[ギリシャ共和国]]の[[テッサロニキ]]にあるユネスコの[[世界遺産]]。
 
{{aimai}}
 
1,379

回編集