「神戸海軍操練所」の版間の差分

要出典を外し、脚注に松浦玲『坂本龍馬』を記す
(→‎主な塾生: 初期の塾生のほとんどは我流に近かったので龍馬のみの特筆事項ではない。)
(要出典を外し、脚注に松浦玲『坂本龍馬』を記す)
 
== 主な塾生 ==
*[[坂本龍馬]]:塾頭。[[勝海舟]]に見出され、操船術を学ぶ(勝海舟『[[氷川清話]]』)。脱藩後の活動の舞台であった操練所の閉鎖と、師である勝の罷免は彼を失望させ、これ以後倒幕運動に本腰を入れ始める。操練所解散後は、ここでの経験を生かし[[亀山社中]]を結成する。(ただし、これに対しては、龍馬は神戸海軍操練所には入れず、勝海舟個人の私塾の塾頭でもなく、また、勝海舟の私塾を取り仕切っていたのは龍馬ではなく、[[佐藤与之助]]であったとする説もある<ref>[[松浦玲]]など){{fact}}『坂本龍馬』岩波書店<岩波新書1159>、2008年、「はじめに」viii頁、32~33頁。</ref>。)
*[[陸奥宗光]]:坂本の引き立てによって副長格となる。竜馬の秘書的な役割を担った。後の[[日清戦争]]時、[[外務大臣]]。
*[[伊東祐亨]]:[[薩摩藩]]出身。後に初代[[連合艦隊司令長官]]となり、[[黄海海戦 (日清戦争)|黄海海戦]]の指揮をとる。
*[[北添佶摩]]・[[望月亀弥太]]:[[土佐藩|土佐]]脱藩。坂本の制止を振り切り[[池田屋事件]]に関与。これが元で勝海舟の立場が悪くなったとも言える。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist}}
 
== 関連項目 ==
35,837

回編集