「ニルス・キュレーゲル」の版間の差分

m
編集の要約なし
m編集の要約なし
m編集の要約なし
'''ニルス・キュレーゲル'''({{lang|sv|Nils Kreuger}}、[[1858年]][[10月11日]] - [[1930年]][[5月11日]])は、[[スウェーデン]]人の画家である。
 
1892年に画家の[[リッカルド・ベリ]]が購入した[[ポール・ゴーギャン|ゴーギャン]]の絵画から啓示を受けたキュレーゲルは、ベリ、[[カール・ヌードストローム]]とともに、スウェーデン西海岸にある[[ヴァールベリ]]([[:en:Varberg|en]])で1893年から1896年にかけて過ごし、作品制作を重ねて総合主義的様式を発展させた<ref name="gaisetu171">トシュテン・グンナション「カール・ラーションのジャポニスムと同時代のスウェーデンの絵画」『カール・ラーション展』171頁。</ref>。
 
キュレーゲルの作品は、スウェーデン美術における[[ジャポニスム]]の例としても挙げることができる。彼は[[フィンセント・ファン・ゴッホ|ゴッホ]]のスケッチを研究したが、そのスケッチのルーツは日本の[[葛飾北斎]]の作品であった。さらにキュレーゲルはベリの家の扉に[[サギ|鷺]]の[[日本画]]を模写したこともある<ref name="gaisetu171" />。