「三方 (神道)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (Undo revision 6372887 by 世直し推進委員会 (会話))
m
 
折敷には縁の板を留めるための綴り目があるが、これは穴のない側の反対側になるように作られている。神前に供える際は、穴のない側(綴り目の反対側)が神前に向くようにする。神饌が載った三方を持つときは、親指を左右の縁に、その他の指を折敷と台に当て、目の高さに持つ。
 
なお、特殊な形状の三方として板足三方や丸三方などがある。
 
{{shinto-stub}}
 
462

回編集