「下川辰平」の版間の差分

編集の要約なし
| 備考 =
}}
'''下川 辰平'''('''しもかわ たっぺい'''、[[1928年]][[12月11日]] - [[2004年]][[3月25日]])は、[[福岡県]][[福岡市]]出身の[[俳優]]。本名は'''下川 辰典'''('''しもかわ ときふみ''')。血液型AB型。
 
== 来歴・人物 ==
画家を志し、[[武蔵野美術大学]]に入学するが、中退し帰郷。
 
[[1954年]]、[[RKB毎日放送|RKB毎日放送劇団]]に2期生として入団し俳優活動をスタート。
 
[[1964年]]に再び上京して[[文学座]]附属演劇研究所に入り、研究生を経て[[1968年]]に文学座座員に昇格。『[[飢餓海峡]]』([[1972年]])、『天守物語』([[1974年]])ほか多くの舞台に立ち、[[1976年]]9月に退座する。
 
1972年スタートの[[テレビドラマ]]『[[太陽にほえろ!]]』に「[[長さん]]」こと野崎刑事役(設定は[[巡査部長]]の刑事)でレギュラー出演、一躍有名となる。以降、叩き上げの刑事役がはまり役となった。学生時代は[[ラグビー]]をやっていたこともあり、走る姿などにその片鱗がうかがえた。同ドラマ作中では、野崎家一家の出演やエピソードと言った「プライベート」に関してのストーリーが群を抜いて展開されていた。オフィシャル本によれば「『頑張って下さい。応援しています』と言ったファンレターと同時に、『親とうまくいかない』『子供とどう接すればよいか?』と言った悩み相談の手紙も多数寄せられた…役柄からですかね」といった旨の下川や番組スタッフの話が披露されている。
 
『太陽にほえろ!』の新人刑事第1号である[[萩原健一]]が、[[殉職]]シーンで「人が死ぬ間際には、どんな事を思ったり言ったりするのだろうか?」と悩んでいた時、下川は「戦争中の[[特別攻撃隊|特攻隊]]員が故郷のお母さんの事を思い叫びながら、敵機に突っ込んでいった」とアドバイス。そのアドバイスをもとに、萩原演じるマカロニ刑事の殉職シーンの最期の台詞が決定した([[テレビ朝日|EX系]]『[[徹子の部屋]]』、『太陽にほえろ! DVD-BOX』インタビューにて)。
 
黒澤明監督の「どですかでん」の出演で黒澤に気に入られ、その後の作品にも出演依頼を受ける。下川も受ける意思はあったにも関わらず、スケジュールの都合で出演はならなかった。その縁で黒澤死後に遺稿脚本から映画化された「雨あがる」に出演を果たしている。
 
=== テレビドラマ ===
*[[かさぶた式部考|海より深き]](1965年、[[RKB毎日放送|RKB]])
*[[三姉妹]](1967年、[[日本放送協会|NHK]]) - 浪士浜田
*[[竜馬がゆく (NHK大河ドラマ)|竜馬がゆく]](1968年、NHK) - [[坂本権平|権平]]
*[[春の坂道]](1971年、NHK)
*[[天下御免]](1971年 - 1972年、NHK)
*[[天皇の世紀]] 第6話「異国」(1971年、[[国際放映]] / [[朝日放送ABCテレビ|ABC]])
*[[おれは男だ!]] 第39話「弘二さんあなたの赤ちゃんです! 」(1972年、[[松竹]] / NTV)
*[[飛び出せ!青春]](1972年、東宝 / NTV)
*[[催眠 (テレビドラマ)|催眠]](2000年、TBS)
*[[名古屋仏壇物語]](2002年、NHK)
*[[ケータイ刑事 銭形愛]] 第1話「消えた死体の謎 トップモデル殺人事件」(2002年、[[BS-TBS|BS-i]] ) - 野崎太郎
*[[トリック (テレビドラマ)#木曜ドラマ TRICK (TRICK3)|TRICK3]] 第3話「新展開! …絶対死なない老人ホームの謎」(2003年、[[テレビ朝日|EX]])- 赤地茂蔵
*[[こちら本池上署]] 第3シリーズ 第2話「葬式サギ師」(2004年、TBS) - 中尾正造
 
===ラジオドラマ===
*[[日本沈没#1973年のラジオドラマ|日本沈没]] (1973年 - 1974年、[[MBSラジオ|毎日放送]]制作[[全国ラジオネポン放送トワーク|NRN]]系列放送)- 吉村
 
しもかわ== 関連項目 ==
匿名利用者