「X 2000」の版間の差分

+一等車の食事サービスは必定ではない
m (ロボットによる 追加: ko:X 2000)
(+一等車の食事サービスは必定ではない)
[[振り子式車両|振子式]][[列車]]だが、[[日本]]の[[国鉄381系電車]]・[[JR九州883系電車]]、[[イタリア]]の[[ペンドリーノ]]とは異なって[[動力分散方式]]([[電車]])ではなく、[[電気機関車]]と[[客車]]の組み合わせの[[動力集中方式]]による[[動力集中方式|プッシュプルトレイン]]で、車体傾斜機能を有するのは客車のみで機関車は車体傾斜機能を有しない。最高時速は[[在来線]]では200km/hで、ストックホルム近くの高速新線では210km/hに達する。ストックホルムとヨーテボリの間の所要時間は約3時間である。
 
[[一等車]]では[[食事]]サービスのほか、イヤホンを配って[[ラジオ]][[放送]]・[[音楽]]の[[オーディオ]]サービスも行っており、これらのサービスは[[航空機]]を意識したものである。他の[[ヨーロッパ]]の高速列車では、[[ユーロスター]]、[[タリス]]、スペインの[[AVE]]も類似のサービスを行っている。また、[[座席]]に[[配線用差込接続器|電源プラグ]]が備え付けられ、車内で[[無線LAN]]による[[インターネット]]接続が可能である。但し食事のシートサービスはユーロスター等とは異なり全ての一等車乗客に必ず行われるものではなく、切符購入時または予約時に食事の有無を申し込む必要がある。
 
[[車椅子]]を使用する乗客のための乗降用リフト、[[身体障害者]]専用客室を備え、[[バリアフリー]]に配慮した設計が施されている。
1,586

回編集