「BTX」の版間の差分

しかし、BTXに対してほとんどのマザーボードメーカーは当初から冷ややかな見方をしていた<ref>[http://japan.cnet.com/blog/kichi/2007/01/12/amddtx_63b2/ AMDの新しいマザーボード規格(DTX)の可能性は...]</ref>。当時インテルが推し進めていた高発熱CPU([[NetBurst]])の冷却効率を上げるための、インテル一社の都合による規格変更という趣が強く、またこの様な見方が大勢を占めていたためである。ライバルであるAMDからも支持は得られなかった。また、ケースのメーカーからも支持は得られず、自作パソコン向けのBTX対応ケースの発売も低調なものであった。
 
さらには、熱処理問題の限界点がいよいよ見えてきた2005年になると、今度は製造プロセスの微細化やマルチコア(デュアルコア)などによってCPUの消費電力・発熱を抑制し、キャッシュの増加などで高速化を図るスタイルへとCPUの進化の方向性が変化してゆく。これによって、ATXでもCPUの熱問題がある程度まで解決されたことから、あえて互換性を犠牲にしてまでBTXを導入する必然性は無くなり、規格の存在意義自体があやふやなものになってしまった。
 
発表当初は対応製品がある程度市場に出回ったが、現在では対応製品の流通はごくわずかしかない。[[ゲートウェイ (PCメーカー)|ゲートウェイ]]のデスクトップPC(規格に賛同していないAMD製CPUとBTXを組み合わせたものもあった)や[[デル]]のサーバ・デスクトップPCなど、一部メーカーではしばらくの間採用されていたものの、提唱元であるインテル自身が[[Intel Core 2]]の登場によって低消費電力・低発熱CPUをメインストリームとするようになり、2007年度よりBTX対応マザーボードの製造を行わないことを表明し、製造を打ち切った。
匿名利用者