「ハング・パーラメント」の版間の差分

m
→‎概要: イギリスは二大政党制の議院内閣制
(誤字修正、アメリカを追記)
m (→‎概要: イギリスは二大政党制の議院内閣制)
 
== 概要 ==
[[ドイツ]]や[[アイルランド]]など[[比例代表制]]を採用する国の議会や、強力な[[地域政党]]が存在する国の議会では、この状態は一般的であるので、選挙結果の説明として「ハング・パーラメント」との用語はほとんど使われない。また[[アメリカ合衆国]]などは[[大統領制]]であり[[議院内閣制]]ではないため、[[二大政党制]]であっても「ハング・パーラメント」との用語はほとんど使われない。
 
しかし[[イギリス]]や[[カナダ]]などの、[[小選挙区制]]で比較多数得票方式を採用する国では[[二大政党制]]による議院内閣制が行われており、通常は第1党が過半数の議席を獲得して議員内閣制に基づいてた第1党が単独で[[与党]]となるため、[[連立政権]]やハング・パーラメントは一般的な状態ではない。
 
ハング・パーラメント状態では、与党が議会で法案を安定的に通過させる事が困難なため、政治的に不安定な状態となる。ハング・パーラメント状態の解消には、小数政党との連立政権または、議会の[[解散]]と再選挙などが行われる。