「マンモスタワー」の版間の差分

編集の要約なし
{{基礎情報 テレビ番組
| 番組名 = 東芝日曜劇場「マンモスタワー」
| 画像 =
| 画像説明 =
| ジャンル = [[テレビドラマ]]
| 放送時間 = 21:15 - 22:35
| 放送分 = 71
| 放送枠 = 日曜劇場
| 放送期間 = [[1958年]][[11月16日]]
| 放送回数 = 1
| 放送国 = {{JPN}}
| 制作局 = [[TBSテレビ|ラジオ東京テレビ(KRT)]]
| 企画 =
| 製作総指揮 =
| 監督 =
| 演出 = [[石川甫]]<br />[[蟻川茂男]]<br />[[神永方義]]
| 原作 =
| 脚本 = [[白坂依志夫]]
| プロデューサー =
| 出演者 = [[森雅之 (俳優)|森雅之]]<br />[[森繁久彌]]<br />[[三島雅夫]]<br />[[金子信雄]]<br />[[岩崎加根子]]<br />[[滝田裕介]]
| 音声 =
| 字幕 =
| データ放送 =
| OPテーマ = 作曲:[[山本直純]]<br />歌:[[中島そのみ]]<br />演奏:[[東京マンボオーケストラ]]
| EDテーマ =
| 外部リンク =
| 外部リンク名 =
| 特記事項 = ・全編モノクロ。生放送・VTR・フィルムで構成。<br />・第13回[[芸術祭 (文化庁)|芸術祭]]奨励賞受賞(脚本に対し)
}}
{{ドラマ}}
'''マンモスタワー'''は、[[1958年]][[11月16日]]の21時15分 - 22時35分に[[TBSテレビ|ラジオ東京テレビ(現・TBSテレビ)]]にて、『[[日曜劇場|東芝日曜劇場]]』枠で放映された[[テレビドラマ]]。
 
== 概要 ==
『東芝日曜劇場』(現・『日曜劇場』)としては、TBSに現存する最古のテレビドラマである。当時としては、非常に高価で貴重であった、放送用[[2インチVTR]]で保存されている。また、[[白坂依志夫]]による脚本、第13回[[芸術祭 (文化庁)|芸術祭]]奨励賞を受賞した。
 
出演者は100名以上におよび、当時の名優がそろっていて、映画[[写真フィルム|フィルム]]とは違った雰囲気を観ることができる。一方、端役に注目すると、新進女優役の[[山本嘉子]]を含めて、その後の[[テレビアニメ]] [[特撮番組]]を支える人々の名が見られる。
 
しかしながら番組が、スタジオでの生放送部分VTR、そしてフィルム撮影部分を混用して構成されていたこと、生放送であるがゆえに、名優の森雅之ですら「'''心配したまえ'''」(本来は「安心したまえ」あるいは「心配するな」)と台詞を誤ってしまったことなどから、当時の[[テレビ番組]]の実情をうかがうことができる。
 
先述したとおり、保存されていたため、50年を経た現在でも視聴可能である。1983年、テレビ放送開始30周年を記念したシリーズ番組の一環として、[[NHK教育テレビジョン|NHK教育テレビ]]で再放送された。この他、[[衛星放送|CS放送]]の[[TBSチャンネル]]でもたびたび再放映されており、[[横浜市]]にある[[放送ライブラリー]]でも無料で閲覧できる。
 
なお、[[1991年]]から[[1992年]]にかけてTBSで放映された[[深夜番組|深夜]][[バラエティ番組]]『[[ますこっとたわー]]』は、当作品とタイトルが相似しているが、一切の関係はない。
== 出演者 ==
*[[森雅之 (俳優)|森雅之]]
*[[森繁久]](特別出演)
*[[斉藤達雄]]
*[[滝田裕介]]
*[[大平透]]
*[[加藤精三]]
ほか
 
== スタッフ ==
*演出:[[石川甫]]、[[蟻川茂男]]、[[神永方義]]
*作:[[白坂依志夫]]
*音楽:[[山本直純]]
*振付:[[矢田茂]]
*技術:斉藤茂之、岩西浩
*映像:武谷雅博
*カメラ:種村陽亜
*音声:鈴木武夫
*照明:山下俊弘
*フィルム撮影:糸田頼一
*VTR:田中富之
*フィルム編集:藤岡知子
*タイトル:篠原栄
*美術進行:芦田光長
*装飾:石本富雄
*化粧:佐藤ちえ子
*衣裳:山我幸江、[[東京衣裳]]
*装置:小林雍夫
*装置制作:[[東宝舞台]]
*小道具:藤波小道具
 
== 関連項目 ==
匿名利用者