「吉岡治」の版間の差分

加筆
(加筆)
{{最近亡くなった人物}}
'''吉岡 治'''(よしおか おさむ、[[1934年]][[2月19日]] - [[2010年]][[5月17日]])は、[[山口県日本]]出身の[[作詞家]]。[[日本作詩家協会]]副会長。旧[[ペンネーム|筆名]]は「吉岡オサム」。
 
== 人物 ==
[[1934年]][[2月19日]]、[[山口県]]出身。[[東京都]]で育った。[[文化学院]]卒業。
 
[[1953年]]に[[詩人]]の[[サトウハチロー]]の門を叩き、弟子となる。作詞家としてのデビューは「鳩笛ならそか」([[1956年]])。
 
[[1965年]]の[[松竹]][[映画]]『悦楽』([[大島渚]]監督)の主題歌『[[悦楽のブルース]]』(歌唱:[[島和彦]])の作詞を手掛けて以降、本格的に作詞家として活動し、[[歌謡曲]]、[[童謡]]、[[アニメソング]]など幅広い[[ジャンル]]の作品を世に送り出した。
 
[[2010年]][[5月17日]]、入院先の東京都内の病院で逝去<ref>[http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2010/05/18/08.html 「天城越え」の作詞家、吉岡治さん急逝] スポーツニッポン 2010年5月18日閲覧</ref>。{{享年|1934|2|19|2010|5|17}}。
 
== 作詞した楽曲 ==
=== 歌謡曲 ===
* [[島和彦]]「悦楽のブルース」
* [[石川さゆり]]「[[天城越え]]」
* [[石川セリ]]「八月の濡れた砂」
* ヘイ!タンブリン
 
== ==
*1989年 [[第31回日本レコード大賞]]作詞賞([[内田あかり]]「好色一代女」)
*1980年 第13回[[日本作詞大賞]]([[都はるみ]]「[[大阪しぐれ]]」)
*2003年 [[紫綬褒章]]
 
==外部リンク 脚註 ==
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
*[http://www.yoshiokaosamu.com/ 吉岡治 オフィシャルウェブサイト 職人力]
 
75,695

回編集