「医療ソーシャルワーカー」の版間の差分

編集の要約なし
 
所持する資格は一般医科の医療ソーシャルワーカーは福祉系最上位資格の[[社会福祉士]](社会福祉士及び介護福祉士法)、精神科の医療ソーシャルワーカーは[[精神保健福祉士]](精神保健福祉士法)の国家資格を所持する事が相場となっている。中には一般医科、精神科問わず双方の資格を所持している者もいる。無資格者でも医療ソーシャルワーカーの業務を行うことは違法ではないが、もちろん難関試験である[[社会福祉士]]の国家資格を持っている医療ソーシャルワーカーの方がステータスが高い。
 
なお、[[社会福祉士]]の資格は医師、弁護士のような[[業務独占]]資格ではなく[[名称独占]]資格であり、これまでは医療保険算定上においても職員の人員規定が無かったので、資格取得者を雇用しても雇用者側が一方的に人件費を費やすのみになり、『非生産部門』と位置づけられて地位も低かったが、昨今では医療保険点数の改訂にて[[後期高齢者退院調整加算]]等が創設され、保険加算のための人員配置基準となり、また[[地域包括支援センター]]においても職員の(主任)[[介護支援専門員]]、[[保健師]]と並んで人員配置基準になっており、資格者を求める傾向または無資格者には資格取得を求める傾向が出てきた。
 
==概要==
匿名利用者