「ジャン=ピエール・ノルブラン・ド・ラ・グルデーヌ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: be-x-old:Ян Пётр Норблін)
m
[[ファイル:Jan piotr norblin autoportret.jpg|thumb|right|230px|ノルブランの自画像]]
[[ファイル:Wieszanie zdrajcow.jpg|thumb|right|230px|「ワルシャワの古市場町での反逆者の処刑」ノルブランの同時代を扱った作品の一つ。[[コシチュシュコ蜂起]]の最中、第2次[[ポーランド分割]]の原因を作った[[タルゴヴィツァ連盟]]の参加者が、国家の敵として処刑された。もし連盟のメンバーが捕まらなかった場合は、この絵のように肖像画が代わりに「絞首刑」を受けた。]]
'''ジャン=ピエール・ノルブラン・ド・ラ・グルデーヌ'''([[フランス語]]:Jean-Pierre Norblin de La Gourdaine、[[1745年]][[7月15日]] - [[1830年]][[2月23日]])は、[[フランス]]出身の画家、素描家、彫刻家、風刺画家。1774年から1804年まで30年のあいだ[[ポーランド・リトアニア共和国|ポーランド]]で暮らし、同国で市民権を得ていた。ポーランドでは'''ヤン・ピョトル・ノルブリン'''([[ポーランド語]]:Jan Piotr Norblin)の名前で知られる。
 
ノルブランはポーランドの[[啓蒙主義]]時代において最も重要な画家として知られる。彼の画家としての成功はポーランドで実現したもので、作品の受注者はポーランドの最も有力な貴族家門であった。ノルブランは19世紀の始めまで[[パリ]]に帰ることはなかった。彼の作品のスタイルは[[アントワーヌ・ヴァトー]]の影響を受けたことを示しており、また「[[:en:Fête galante|雅なる宴]]」や「[[:en:Fête champêtre|田園の合奏]]」といった華やかな主題と結びつきの強い[[ロココ]]様式を、逆に日常生活の情景やジャーナリスティックな視点から捉えた政治的な事件と組み合わせるものであった。ノルブランはポーランドを去る直前、同国の全社会階層の類型を描いた一連の肖像画群を制作した。
26,397

回編集