「ベスレヘム・スチール」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
その操業期間中、ベスレヘム・スチールは世界で最大の造船会社の内の一つで、アメリカの工業生産における最も強力なシンボルの一つであった、
 
ベスレヘム・スチールの終焉はアメリカ経済が、低賃金外国人労働者の流入により工業生産が立ちゆかなくなった最も顕著な例としてしばしば取り上げられる。[[ビリー・ジョエル]]の曲の一つ「[[アレンタウン]]」で、その顛末をテーマにした内容で歌われている事でも有名
 
== 歴史 ==
匿名利用者