「アプレット」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (ロボットによる 除去: zh:Applet)
m
他のアプリケーションの上で動くために、同じ機能を実現するのにも、単独のアプリケーションより必要なプログラミング量が減る特徴がある。
 
このアプレット({{lang-en|applet}})という言葉は、applicationとlet(「 (の略称 app ) に[[縮さい」を意味する接尾]]合わせ付加し命名造語された[[かばん語]]ものである。
 
==アプレットの例==
8,170

回編集