「Comma-Separated Values」の版間の差分

編集の要約なし
'''Comma-Separated Values''' ('''CSV''') は、いくつかのフィールド(項目)を[[コンマ]]「,」で区切った[[テキスト]]データおよび[[テキストファイル]]。[[拡張子]]は.csv、[[MIMEタイプ]]はtext/csv。
 
「Comma-Separated Variables」とも言う。表記は、[[小文字]]始まりだったり、[[ハイフン]]がなかったりもする。広く普及した訳語はないが、「'''カンマ区切り'''」などとも呼ばれる。[[Microsoft Excel]]では「CSV (カンマ区切り)」としている。
 
データ交換用の[[デファクトスタンダード]]として、古くから多くの[[表計算ソフト]]や[[データベース]]ソフトで使われているが、細部の[[実装]]はソフトによって異なる。それらを追認する形で、2005年10月、RFC 4180でInformational([[Internet Engineering Steering Group|IESG]]の外部で決定された有用な情報の提供)として仕様が成文化された。
182

回編集