「リボザイム」の版間の差分

リボ核酸 rRNA -> RNA
m (ロボットによる 追加: ar:رايبوزيم)
(リボ核酸 rRNA -> RNA)
'''リボザイム'''(ribozyme)は、[[触媒]]としてはたらく[[リボ核酸]] (rRNARNA) のこと。'''リボ酵素'''ともよばれる。[[トーマス・チェック]]、[[シドニー・アルトマン]]によって発見された(両名はこの功績により、1989年に[[ノーベル化学賞]]を受賞している)。
 
以前は、生体反応はすべて[[タンパク質]]でできた触媒である[[酵素]]が制御していると考えられていた。しかし、一部の反応はRNAが制御していることが見出され、これをRNAと酵素 (Enzyme) に因んで'''リボザイム'''と命名した。
匿名利用者