「人工心臓」の版間の差分

→‎種類: 本人編集部分の削除
(アビオコアについて加筆)
(→‎種類: 本人編集部分の削除)
=== 全置換型人工心臓 ===
全置換型人工心臓は、空気圧駆動型のジャービック7が[[1980年代]]に[[アメリカ]]で臨床応用されたが脳卒中などの合併症で使われなくなった。[[2000年代]]に入り、米アビオメド社が開発した電磁駆動の[[アビオコア]]が臨床使用されるようになったが、これは余命がわずかであることが判明している患者に対し、数ヶ月延命させることを目的としたものであった。現在アビオコアの使用は倫理的な問題から中断している。
症例数から計算すると、補助人工心臓だけで救命できる症例数のほうが多く、全置換型人工心臓は開発しても採算が取れないと言う試算もあり、現在地球上には、開発プロジェクト自体があまりないのが現状である。その中において日本は、[[東京大学]]・[[大阪大学]]・[[北里大学]]・[[東北大学]]の研究チームは科学研究費を元に、プロダクトデザイン手法論をベースとして、全置換型を目指して開発を進めている。
 
=== 補助人工心臓 ===
48

回編集