「バルムンク」の版間の差分

参考文献より加筆、訂正。出典を記載。テンプレートを除去します。
m
(参考文献より加筆、訂正。出典を記載。テンプレートを除去します。)
'''バルムンク'''('''Balmung''')は、『[[ニーベルンゲンの歌]]』に登場する[[剣]]。幅広で、黄金の柄には青い[[宝玉]]が埋め込まれ、鞘は金色の打紐で巻き上げられてい宝剣である<ref>『ニーベルンゲンの歌 後編』p.175。</ref>。[[北欧神話]]の[[グラム (北欧神話)|グラム]]、『[[ニーベルングの指環]]』の[[ノートゥング]]に相当する。
{{出典の明記|date=2010年2月}}
'''バルムンク'''('''Balmung''')は、『[[ニーベルンゲンの歌]]』に登場する[[剣]]。幅広で、黄金の柄には青い[[宝玉]]が埋め込まれ、鞘は金色の打紐で巻き上げた宝剣である。[[北欧神話]]の[[グラム (北欧神話)|グラム]]、『[[ニーベルングの指環]]』の[[ノートゥング]]に相当する。
 
== 概要 ==
本来は[[ニーベルンゲン]]族の宝だったが、[[財宝]]の分配を巡って争った[[ジークフリート]]が奪い取り、ニーベルンゲン族を斬り捨てるのに使う。その後、ジークフリートの愛剣として、数々の軍功を挙げた。
[[ニーベルンゲン]]族のシルブンクとニベルンクが[[ジークフリート]]に[[財宝]]の分配を依頼する際に彼に贈ったが、分配に不平を漏らすものがおり、ジークフリートはその役割を果たせなかった<ref>『ニーベルンゲンの歌 前編』p.32。</ref>。怒ったジークフリートは二人の王とニーベルンゲン族の勇者たちを斬り、結果として彼らの宝を手に入れることになった<ref>『ニーベルンゲンの歌 前編』p.32-p.33。</ref>。ジークフリートはバルムンクを愛剣として数々の軍功を挙げた。
 
ハーゲンはジークフリート[[暗殺]]を図ったとき、反撃されないようバルムンクと狩猟の弓をジークフリートの手元から奪っためジークフリートはハーゲンを打ち漏らす結果となった<ref>『ニーベルンゲンの財宝歌 前編』p.267、p.269。</ref>。彼[[ライン川]]に沈めるが殺害した後ハーゲンはバルムンクだけとっておき、自分の剣としたするが<ref>『ニーベルンゲンの歌 後編』p.175</ref><ref>『ニーベルンゲン編』p.180。</ref>ブルクントの王グンタの供としてフ族の王エッツェル捕らえ訪れときに、[[クリームヒルト]]にこれを誇示して見せたため彼女の憎しみをかき立てた<ref>『ニーベゲンの歌 後編』p.175-p.176。</ref>。リームヒルトは捕らえられたハーゲンの首をバルムンクで刎ね、ジークフリートの復讐を果たした<ref>『ニーベルンゲンの歌 後編』p.335。</ref>
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
== 参考文献 ==
*『ニーベルンゲンの歌 前編・後編』相良守峯訳、岩波書店、1955年。
{{DEFAULTSORT:はるむんく}}
[[Category:神話の刀剣]]