「デヴィッド・ウィルソン (フィギュアスケート選手)」の版間の差分

編集の要約なし
当初は[[シングルスケーティング|男子シングル]]の選手として活動をしていたが、[[オスグッド・シュラッター病]]と診断され18歳で競技会から引退した。アマチュア引退後はプロスケーターとしてアイスショーなどで活動をしていたが、のちに[[トロント]]に拠点を構え、フィギュアスケートの振付師として活動を始めた。なお、ウィルソンは[[同性愛|同性愛者]]であることを公表している。
 
[[ブライアン・オーサー]]、[[セバスチャン・ブリテン]](1995年の[[カナダフィギュアスケート選手権]]優勝者)のプログラムの振付を行ったことから振付師としての評価が高まり、現在までに[[ジェフリー・バトル]]、[[ジョアニー・ロシェット]]、[[マリー=フランス・デュブレイユ]]&[[パトリス・ローゾン]]組(アイスダンス)、[[ジェシカ・デュベ]]&[[ブライス・デイヴィソン]]組(ペア)などのカナダ選手に加え、[[キミー・マイズナー]]、[[サーシャ・コーエン]]、[[伊藤みどり]]<ref name = "allabout">伊藤みどりについてはアマチュア復帰したときのプログラム。オールアバウトフィギュアスケート(ぴあ出版)、2005年11月刊</ref>、[[中野友加里]]、[[村主章枝]]、[[織田信成 (フィギュアスケート選手)|織田信成]]、[[中庭健介]]、[[安藤美姫]]、[[金妍兒]]ら多くの選手の振付を担当する人気振付師となった。
 
== 外部リンク ==
66

回編集