「選挙方法」の版間の差分

(→‎投票前: 予備選挙を追加)
方法によって、一票の形態はそれぞれ異なる。
 
*優先順位付連記投票制(Instant[[ボルダ方式|ボルダ式]]や[[Instant-runoff voting)voting]] (IRV) [[コンドセ方(Borda count)や|コンドルセの方法(Condorcet]]([[:en:Condorcet method)method|Condorcet method]])などの[[選好投票]]では、投票者は候補者を自分の好みの順に並べ、その順序を最善から最悪の候補者まで一票に表記する。[[戦投票]]が行われると[[パレート最適]]を保証できない。
*[[Range voting|審査員式(Range voting)]]二分型投票([[Approval voting|二分型投票]]では、他の候補者に与えた得点の合計等に関らず、投票者は各候補者毎に、決められた範囲の得点のうち好きな得点を与えることができ、候補者の名簿が載った一票に得点を記入する。比例代表には使いにくい。
*普通の選挙方法(単記非移譲式投票)などでは、投票者は一票で一人の候補者にしか投票することはできない。その一方で、[[認定投票]]([[Approval voting]]、二分型投票の別名)では複数の候補者に投票することができる。
*一人の投票者に票を複数配る制度もある(Cumulative voting)([[累積投票]])
 
=== 票の分類 ===