メインメニューを開く

差分

→‎概要: 築造時期溯る。
 
==概要==
規模は、全長96メートル、後円部直径62メートル、後方部高さ10メートル、前方部長さ34メートル、前方部の幅32メートル、前方部高さ約5メートルで山形県では最大規模を有し、東北では5番目の大きさの[[前方後円墳]]である([[2008年]]5月現在)。周壕はめぐらしていない。もともと存在した自然丘を削り出して造られており、後円部が3段築成、前方部が2段築成である。後円部に比べて前方部がやや短い。後円部頂上は平坦で、稲荷の祠(ほこら)がある。
 
造られた時期は、出土[[遺物]]と築造方法などから推定すると、[[4世紀]]後半から[[5世紀]]初頭と考えられる。
これまで置賜地方に古墳が造られたのは古墳時代後期と考えられていたが、本古墳の発掘調査で4世紀代に溯ることが分かり、その後も、米沢市戸塚山古墳、川西町天神森古墳などが発見されている<ref>佐藤庄一「稲荷森古墳」 文化庁文化財保護部史跡研究会監修『図説 日本の史跡 第2巻 原始2』同朋舎出版 1991年 36ページ</ref>。
 
[[1980年]]([[昭和]]55年)には、国の[[史跡]]に指定された(指定地面積、10,182.7平方メートル)。その後の[[1987年]](昭和62年)と[[1988年]](昭和63年)の[[発掘調査]]では、被葬者の埋葬施設には[[石室]]が存在しないことがわかり、このことから[[木棺]]を墳丘内に直接埋葬したもの(木棺直葬)と考えられている。また、高坏形[[土師器]]と、底部穿孔土師器という珍しい[[土器]]も出土したが、[[埴輪]]や[[葺石]]等は確認されていない。
1,244

回編集