「国内軍 (ポーランド)」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: tr:Armia Krajowa)
'''国内軍'''({{Lang-pl|Armia Krajowa}} <small>(アールミア・クラヨーヴァ)</small>、略号:'''{{lang|pl|AK}}''')は、[[第二次世界大戦]]中の[[ナチス・ドイツ]]による[[ポーランド占領]]に対する一番最大の[[レジスタンス運動|抵抗勢力]]であった。この組織は、[[1939年]]に編成された'''ポーランド勝利の戦い'''(''{{lang|pl|Służba Zwycięstwu Polski}}'')を起源としている。[[1942年]]2月に'''武装闘争連合'''(''{{lang|pl|Związek Walki Zbrojnej}}'')が形成され、続く2年間ポーランドの他の地下組織を併合し、[[ソビエト連邦]]の[[赤軍]]が前進しポーランド領内からドイツ軍が一掃された[[1945年]]1月に解散した。
 
国内軍は40万以上の構成員を持ち、有するポーランド最大の[[レジスタンス運動|抵抗組織]]で、世界で2番目に大きな抵抗組織であった(1番目は[[ユーゴスラビア]]の[[パルチザン]]であった)。国内軍は'''ポーランド秘密組織'''(''{{lang|pl|państwo podziemne}}'')として知られるようになった武装組織を構成した。
 
国内軍の主な行動としては、[[東部戦線]]([[ソビエト連邦]])へ向かうドイツの輸送機関でのに対する[[サボタージュ]]であり、ドイツ軍に対する武装蜂起も行なっていた。その例として、[[1943年]]から[[1944年]]の[[テンペスト作戦]]があり、多数のドイツ軍の[[師団]]を足止めした。
 
国内軍がポーランド[[亡命政府]]の指揮下にあったことから、ソビエト連邦に敵組織としてなされたため、一部は[[対ソビエトパルチザン]]として活動を継続し、戦後は、になると[[呪われた兵士]]と呼ばれた。
 
== 歴史 ==
917

回編集