「新しいエルサレム」の版間の差分

編集の要約なし
'''新しいエルサレム'''(あたらしいエルサレム、New Jerusalem、the tabernacle of God、holy city, city of God、celestial city、heavenly Jerusalem)とは、聖書の語句。[[ヨハネの黙示録]]3:12、21:2に、イエス・キリストからヨハネが受けた啓示として語られる。
 
新しいエルサレムは、現在のイスラエル共和国の首都のエルサレムではなく、キリストの体である教会を象徴している。黙示録の記述を字義通り解釈する[[前千年王国説]]によれば、[[千年王国]]、[[ゴクとマゴクの戦い]]、[[最後の審判]]、[[新天新地]]の次に登場する
[[新天新地]]の次に登場する、新しいエルサレムは、キリストの体である教会の象徴である。
 
==聖書==