「分 (角度)」の版間の差分

編集の要約なし
m (213.142.24.146 (会話) による版を Unoa による版へ巻き戻し)
編集の要約なし
<!-- 銃云々の話はよーわからんので未訳 -->
 
分およびその60分の1の角度である[[秒 (角度)|秒]]は、地図や航海においても使用される。、[[地球]]海面において1分はおよそ1852.22mである。赤道[[大円]]上における1分の長さが[[海里]]の元々の定義あった。GRS80[[地球楕円体]]面上における[[緯度]]1分に相当する平均的な[[子午線弧]]長は、およそ1852.22mである。現在では1海里は1852mと定義されている。
 
伝統的に、地球上での位置、すなわち[[緯度]]と[[経度]]は度・分・秒によって表される。これによって地球上でのどんな位置も正確に表すことができる。しかし、分と秒が[[六十進記数法|六十進法]]でありかりにくいことから、度のみを用いて、度以下は小数によって値を示すことが好まれる<!-- そうか? 「アメリカでは」? -->。度のみを用いた場合、小数点以下3桁まで与えれば、度・分・秒によって表すのとほぼ同じ精度が得られる。
 
[[地球]]は1[[分]](時間)につき15分(経度)回転する。
 
分は[[国際単位系]](SI)の単位ではないが、広く使用されていることからSIと併用しても良い単位とされている。ただし、できるだけ度のみを使用し、度以下は小数で表すようにすべきとしている。
 
== 関連項目 ==
* [[ISO 6709]]
 
{{DEFAULTSORT:ふん}}