「新井周」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{卓球選手
|氏名 = {{PAGENAME}}新井周
|生年月日 = {{生年月日と年齢|1975|1|9}}
|利き腕 = 右
|フォア面ラバー = 裏ソフト
|バック面ラバー = 表ソフト
|}
 
'''新井 周'''(あらい しゅう、[[1975年]][[1月9日]] )は、[[中華人民共和国|中国]]・[[北京市|北京]]出身の日本の[[卓球]]選手である。グランプリ大阪の監督兼選手などを経て現在、浜寺アスリート倶楽部に所属している。[[日本体育協会公認]]卓球コーチでもある。
'''新井 周'''
 
(あらい しゅう、[[1975年]][[1月9日]] )は、[[中華人民共和国|中国]]・[[北京市|北京]]出身の日本の[[卓球]]選手である。
[[浜寺アスリート倶楽部所属]]
元グランプリ大阪の監督兼選手。日本体育協会公認卓球コーチ。
 
 
 
== 中国時代 ==
 
「北京チーム」に所属。168cm、65kg。中国名は'''周{{lang|zh|晅}}'''(シュウケン)。
 
 
== 出身校 ==
16歳で愛知県[[桜丘高等学校 (愛知県)|桜丘高校]]に留学。1993年[[全国高等学校総合体育大会卓球競技大会|インターハイ]]で男子シングルス初の留学生王者になった。[[埼玉工業大学]]に進み4年時に[[全日本学生卓球選手権|全日本学生]]2位となる。
 
16歳で愛知県[[桜丘高等学校 (愛知県)|桜丘高校]]に留学。1993年[[全国高等学校総合体育大会卓球競技大会|インターハイ]]で男子シングルス初の留学生王者になった。[[埼玉工業大学]]に進み4年時に全日本学生2位となる。
 
 
 
== 日本リーグ時代~ナショナルチーム(日本)時代 ==
卒業後の1998年に大阪の[[グランプリ (教育関連)|グランプリ]]に入社。1997年、卓球メーカーに勤務の日本人女性との結婚を機に翌1999年日本[[国籍]]となった([[帰化]]した理由は子供が中国籍でいじめに遭わないためと[[卓球王国]]で語っている)。グランプリは女子卓球部に[[福原愛]]が所属していた事でも有名。2006年より、グランプリの監督兼任選手。2006年の日本卓球リーグ(後期)で優勝。全日本社会人でシングルス、ダブルス共に優勝。2004年の全日本卓球選手権では、3種目でファイナリストとなり[[小西杏]]との混合ダブルスに優勝、シングルス準優勝、ダブルス準優勝。
 
[[宮崎義仁]]が日本代表の監督になってから代表メンバーに選ばれ2003年の[[第47回世界卓球選手権個人戦|世界選手権パリ大会]]、2004年の[[第47回世界卓球選手権団体戦|世界選手権ドーハ大会]]、[[アテネオリンピック (2004年) における卓球競技|アテネオリンピック]]に出場。[[ITTFプロツアー]]にも参戦している。
卒業後の1998年に大阪の[[グランプリ (教育関連)|グランプリ]]に入社。1997年、卓球メーカーに勤務の日本人女性との結婚を機に翌1999年日本[[国籍]]となった([[帰化]]した理由は子供が中国籍でいじめに遭わないためと[[卓球王国]]で語っている)。グランプリは女子卓球部に[[福原愛]]が所属していた事でも有名。2006年より、グランプリの監督兼任選手。2006年の日本卓球リーグ(後期)で優勝。全日本社会人でシングルス、ダブルス共に優勝。2004年の全日本卓球選手権では、3種目でファイナリ
ストとなり[[小西杏]]との混合ダブルスに優勝、シングルス準優勝、ダブルス準優勝。
[[宮崎義仁]]が日本代表の監督になってから代表メンバーに選ばれ2003年、2004年の[[世界卓球選手権]]、[[アテネオリンピック (2004年)|アテネオリンピック]]に出場。[[ITTFプロツアー]]にも参戦している。
 
 
== 引退後の進路 ==
2009年より大阪府[[高石市]]で羽衣卓球スタジオを運営(旧グランプリ卓球場)。イベント、講習会で全国を回りながら、地域の愛好家やアスリートを目指す子供達への指導、育成を行っている。
 
引退時期は不明。(公式の引退発表等は本人の希望により行っていない。
2009年より、大阪高石市にて羽衣卓球スタジオを運営(旧グランプリ卓球場)。
イベント、講習会で全国を回りながら、地域の愛好家やアスリートを目指す子供達への指導、育成を行っている。
引退時期は不明。(引退発表等は本人の希望により行っていない。)
 
== メディアへの出演 ==
 
新井周の日本での生活は、数か月に渡る密着取材により[[NHKNHKドキュメント「[[スポーツ大陸]]「遥かなる北京へ~卓球・新井周と家族の物語」で取り上げられた。スポーツニュース、その他、関西エリアでバラエティー番組の卓球企画に多数出演している
== メディア ==
 
新井周の日本での生活は、数か月に渡る密着取材により[[NHKドキュメント「スポーツ大陸」]]「遥かなる北京へ~卓球・新井周と家族の物語」で取り上げられた。
スポーツニュース、その他、関西エリアでバラエティー番組の卓球企画に多数出演している。
 
== 家系 ==
父は中国国家級監督で、元中国代表の[[周樹森]]。世界チャンピオンで[[アテネオリンピック (2004年)|アテネオリンピック]]金メダリストの[[張怡寧]]や世界大会2位の[[郭炎]]、若手有望株の[[丁寧 (卓球選手)|丁寧]]を発掘など、中国トップ選手を擁する[[中国超級リーグ]]「[[北京チーム]]」の前監督。定年による勇退後、2009年1月に'''[[シンガポール]]女子代表監督'''に就任。2010年世界大会(モスクワ)では19年間女王の座に君臨してきた[[中国]]を破りシンガポールを世界チャンピオンへと導いた。
 
母は元中国代表で中国チャンピオンの[[劉雅琴]]。世界卓球の優勝候補ではあっを期待されたが[[文化大革命]]の最中で、当時の中国代表は政治問題で世界選手権へは出場できなかった。当時の夢を、息子である周が引き継いだ形となる
'''周樹森'''
父は中国国家級監督で、元中国代表の[[周樹森]]。世界チャンピオンで[[アテネオリンピック (2004年)|アテネオリンピック]]金メダリストの[[張怡寧]]や世界大会2位の[[郭炎]]、若手有望株の丁寧を発掘など、中国トップ選手を擁する中国超級リーグ「[[北京チーム]]」の前監督。定年による勇退後、2009年1月に'''シンガポール女子代表監督'''に就任。2010年世界大会(モスクワ)では、
19年間女王の座に君臨してきた[[中国]]を破り、[[シンガポール]]を世界チャンピオンへと導いた。
 
'''劉雅琴'''
母は元中国代表で中国チャンピオンの[[劉雅琴]]。世界卓球の優勝候補ではあったが、[[文化大革命]]の最中で、当時の中国代表は政治問題で世界選手権へは出場できなかった。当時の夢を、息子である周が引き継いだ形となる。
 
'''周蘭孫'''
叔父は元中国代表で、台湾ナショナルチーム監督、[[オーストラリア]]ナショナルチーム監督を経験した世界チャンピオンの[[周蘭孫]]。
 
叔父は元中国代表で[[台湾]]ナショナルチーム監督、[[オーストラリア]]ナショナルチーム監督を経験した世界チャンピオンの[[周蘭孫]]。
 
その他の親族にも五輪代表選手がいるなど、中国屈指の卓球界有名一族。
 
 
息子の長男・新井宇輝、次男・元輝も卓球選手を目指す。関西エリアでテレビ出演も果たした<ref>卓球王国08年10月号</ref>。
 
== 脚注 ==