メインメニューを開く

差分

後続音の濁音化をともなわない例。散発的にいくつかの例が見られる。
*「白-人」 シロ'''ヒ'''ト → シロ'''ウ'''ト → シロート 「素人」
*「箒き」 ハ'''ハ'''キ → ハ'''ウ'''キ 「箒」<ref>ア段例は、ウ音便と呼ばれるいうのするもののかなり珍しくこの例は実質的は、a音の脱落」(hahaki &gt; *hawaki &gt; *hawki &gt; ho:ki)として説明したほうが機能的きる種類の変化でろう。</ref>
 
一部方言では、西日本多くの地域において、ワ行五段動詞(ハ行四段動詞)のテ・タ形に現れること、および形容詞の連用形でウ音便広く使われている。
*&#8225; 「言ひ-て」 イ'''ヒ'''テ → イ'''ウ'''テ → ユーテ 「言うて」
*&#8225; 「く」 タカハヤ'''ク''' → タカハヤ'''ウ''' → タコハヨー 「う」
*&#8225; 「久しく」 ヒサシ'''ク''' → ヒサシ'''ウ''' → ヒサシュー 「久しゅう」
 
また上記の現象は、ごく一部の動詞に限って標準語にも定着している。
ワ行五段動詞のテ・タ形は標準語において、大半のケースで促音便の形をとるが、とくに「問う」「請う」については、そのような促音便形(「*問って」「*請って」)を見かけることはほとんどない。
* 「問ひ-て」 ト'''ヒ'''テ → ト'''ウ'''テ → トーテ 「問うて」
* 「請ひ-て」 コ'''ヒ'''テ → コ'''ウ'''テ → コーテ 「請うて」
* 「厭ひ-て」 イト'''ヒ'''テ → イト'''ウ'''テ → イトーテ 「厭うて」
 
また方言では、西日本の多くの地域において、ハ行五段動詞(四段動詞)のテ・タ形、および形容詞の連用形でウ音便が広く使われている。
*&#8225; 「言ひ-て」 イ'''ヒ'''テ → イ'''ウ'''テ → ユーテ 「言うて」
*&#8225; 「高く」 タカ'''ク''' → タカ'''ウ''' → タコー 「高う」
*&#8225; 「久しく」 ヒサシ'''ク''' → ヒサシ'''ウ''' → ヒサシュー 「久しゅう」
 
なお、「言ふ イ'''フ''' → イ'''ウ'''」のごとき「フ → ウ」の変化は通常ウ音便とは呼ばない。 これは、[[ハ行転呼]]と呼ばれるより単純な原理で説明できてしまうからである。
8,170

回編集