「エーミール・パウア」の版間の差分

m
 
== 経歴 ==
かつての[[オーストリア帝国]]領(現在は[[ウクライナ]]領)[[チェルノヴィッツ]]に生まれ、[[ウィーン]]で教育を受けた後、[[カッセル]]や[[カリーニヒスベルク (プロイセグラード)|ケーニヒスベルク]]、[[ライプツィヒ]]で指揮者を務める。後に渡米して[[ボストン交響楽団]]や[[ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団]]、[[ピッツバーグ交響楽団]]の指揮者を歴任した。その後はドイツに戻り、[[ベルリン国立歌劇場]]を指揮。
 
[[チェコスロバキア]]の[[フリーデク=ミーステク|ミーステク]]にて永眠。
 
パウアーは、当時は気軽に聞けないと見做されていた[[ブラームス]]の作品を好むなど、生真面目な指揮者として通っていた。
 
 
== 参考文献 ==
412

回編集