「ラパッロ条約 (1920年)」の版間の差分

追記
m (とりあえず。)
 
(追記)
'''ラパッロ条約'''は、[[1920年]][[11月12日]]、[[イタリア王国]]とセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国(後の[[ユーゴスラビア|ユーゴスラヴィア]]、以下ユーゴスラヴィア)との間で[[イタリア]]・[[ジェノヴァ]]近郊の[[ラパッロ]]で調印された条約。
イタリア側は[[ジョヴァンニ・ジョリッティ|ジョリッティ]]首相、ユーゴスラヴィア側はヴェスニッチ大統領。
 
条約によれば、 イタリアは[[イストリア半島|イストリア]]をはじめザーラ/[[ザダル]](Zara/Zadar)とケルソ島(Cherso)、ルッシーノ島(Lussino)、ラゴスタ島(Lagosta)、ペラゴーザ島(Pelagosa)などの島々がイタリアにを保有し、フィウーメ(現在の[[リエカ]])は独立市になるはずだったが、[[1924年]][[1月27日]]に両国が[[ローマ条約 (1924年)|ローマ条約]]で確認した際にはフィウーメはイタリア領とされ、[[ダルマチア|ダルマティア]]の他の地域やSušakがユーゴスラヴィア領とされた。
[[en:Treaty of Rapallo, 1920]]
[[fr:Traité de Rapallo (1920)]]