「仏教公伝」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{buddhism}}
[[ファイル:MahayanaMap-ja.png|thumb|400px|right|仏教の東方伝播]]
'''仏教公伝'''(ぶっきょうこうでん)とは、[[国家]]間の公的な交渉として[[仏教]]が伝えられることをいう指す[[上代]]の[[日本]]においては[[6世紀]]半ばの[[欽明天皇]]期、[[百済]]から[[倭]]([[古代]][[日本]])への仏教公伝のことを指すのが一般的であり、この項でもそれについて説明する。単に'''仏教伝来'''と呼ぶこともある称されて来たが、後述のごとく公伝以前に、すでに私的な信仰としては伝来していたと考えられるため、「公伝」と称されることが多い。
 
==公伝以前の状況==
[[ファイル:MahayanaMap-ja.png|thumb|400px|right|仏教の東方伝播]]
北[[インド]]の地で生まれた世界宗教としての仏教は、主として[[東南アジア]]方面([[クメール王朝]]、[[シュリーヴィジャヤ王国]])に伝播した'''[[上座部仏教]](南伝仏教)'''と、[[西域]]([[中央アジア]])を経由して[[中国]]から[[朝鮮半島]]などへ広がった'''[[大乗仏教]](北伝仏教)'''に分かれる。古代の倭に伝えられたのは後者の流れである。中国において紀元[[1世紀]]頃に伝えられた仏教は、[[原始仏教|原始インド仏教]]の忠実な継承にこだわることなく、[[戒律]]や教義解釈などで独自の発展を遂げた。特に[[4世紀]]における[[鳩摩羅什]](クマーラジーヴァ)の翻訳による漢訳仏典の充実は、[[漢字]]を共通の国際文字として使用する周辺諸国への北伝仏教の拡大に大きな影響を及ぼすこととなった。[[南北朝時代 (中国)|南北朝時代]]には[[三論宗]]・[[成実宗]]などの経学が流行し、これらの流れがさらに東へ伝播していく。[[北魏]]の[[孝文帝]]や「皇帝菩薩」と称された[[梁 (南朝)|梁]]の[[蕭衍|武帝]]など、仏教拡大に熱心な皇帝も現れ、周辺諸国への普及も加速した。
 
===朝鮮三国における仏教受容===
古代、[[三国時代 (朝鮮半島)|三国]]に分かれていた[[朝鮮半島]]においては、それぞれ各個に仏教が公伝された。最も北にあり、中国に近かった'''[[高句麗]]'''へは早くも[[372年]]、[[小獣林王]]の時代に[[前秦]]から伝えられたとされる。[[375年]]には肖門寺・伊弗蘭寺などが建立された。
 
残る'''[[新羅]]'''においては上記2国よりも遅れ、[[5世紀]]始めごろに高句麗から伝えられたという。[[法興王]]の時代に公認された後は、南朝梁との交流もあり、国家主導の仏教振興策がとられるようになっていた。
 
===渡来人による私的崇拝===
古代の倭へは、古くから多くの[[渡来人]](帰化人)が連綿と渡来してきており、その多くは朝鮮半島の出身者であった。彼らは日本への定住にあたり氏族としてグループ化し、氏族内の私的な信仰として仏教をもたらし、信奉する者もいたと思われる。彼らの手により公伝以前から、すでに[[仏像]]や[[経典]]はもたらされていたようである。[[522年]]に来朝したとされる[[司馬達等]]([[鞍作止利|止利仏師]]の祖父)などはその好例で、すでに[[大和国]][[高市郡]]において[[本尊]]を安置し、「大唐の神」を礼拝していたと『'''[[扶桑略記]]'''』にある。
*[[渡来人]]
*[[司馬達等]]
*[[百済]]・[[新羅]]
*[[聖王]]
*[[末法思想]]
*[[敦煌文献]]-[[敦煌学]]
*[[東洋学]]-[[シルクロード]]
</div><br style="clear: left;" />
 
6,970

回編集