「キュニコス派」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: en:Cynicism)
'''キュニコス派'''(きゅにこすは)は、[[ソクラテス]]の弟子である[[アンティステネス]]を祖とする[[ヘレニズム]]期の[[古代ギリシア]]の[[哲学]]の一派である。シニシズム(シニスム)、キニク学派(キニク派)、犬儒学派(犬儒派)ともいう。
ヘレニズム期の他の学派同様、[[倫理学|倫理哲学]]にその特色をもつ。禁欲を重視するところでは[[ストア派]]とも通じるが、より実践を重んじ[[認識論]]的展開を見せなかった。
[[無為自然]]を理想として、現実社会に対しては諦めた態度を取っており、古典期の社会([[ポリス]])参加を重視する倫理思想と大きく異なる。
匿名利用者