「ニコライ・シュヴェルニク」の版間の差分

編集の要約なし
m (http://toolserver.org/~emijrp/imagesforbio/ から画像を追加)
{{Infobox Officeholder
[[ファイル:NikolayShvernik.jpg|thumb|right|ニコライ・シュヴェルニク]]
|name = ニコライ・ミハイロヴィチ・シュヴェルニク<br />{{lang|ru|Никола́й Миха́йлович Шве́рник}}
'''ニコライ・シュヴェルニク'''('''Никола́й Миха́йлович Шве́рник''', Nikolai Mikhailovich Shvernik, [[ユリウス暦]][[1888年]][[5月7日]]([[グレゴリオ暦]][[5月19日]]) - [[1970年]][[12月24日]])は、[[ソビエト連邦]]の[[政治家]]。[[最高会議幹部会議長]](在任期間は、[[1946年]][[5月19日]]から[[1953年]][[5月15日]]まで)。
|image = NikolayShvernik.jpg
|caption =
|order = ソビエト連邦[[最高会議幹部会議長]]
|term_start = [[1946年]]
|term_end = [[1953年]]
|predecessor = [[ミハイル・カリーニン]]
|successor = [[クリメント・ヴォロシーロフ]]
|birth_date = {{birth date|1888|5|7|mf=y}}
|birth_place = [[サンクトペテルブルク]]
|death_date = {{death date and age|1970|12|24|1888|5|7|mf=y}}
|death_place = {{SSR1923}}・[[モスクワ]]
|nationality = [[ロシア人]]
|party = [[ソビエト連邦共産党]]
}}
 
'''ニコライ・ミハイロヴィチ・シュヴェルニク'''('''Никола́й Миха́йлович Шве́рник''', Nikolai Mikhailovich Shvernik, [[ユリウス暦]][[1888年]][[5月7日]]([[グレゴリオ暦]][[5月19日]]) - [[1970年]][[12月24日]])は、[[ソビエト連邦]]の[[政治家]]。ソ連[[最高会議幹部会議長]]を務めた(在任期間は、[[1946年]][[5月19日]]から[[1953年]][[5月15日]]まで)。
[[1905年]][[ボリシェヴィキ]]に入党する。[[1924年]][[ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国]]の[[人民委員]]に就任し、翌[[1925年]]には党中央委員に選出された。[[1927年]]に[[ウラル地方]]の党書記に降格されるが、[[ヨシフ・スターリン|スターリン]]の[[五カ年計画]]に基づく重工業化に対する熱心な唱道者であったため、政治的に復権を果たした。[[1929年]][[モスクワ]]に戻り冶金労働者組合議長に就任し、共産党組織局員兼書記に選出された。[[1930年]]全ソ労組中央評議会第一書記に就任し、[[1944年]]までこの地位にいた。[[1939年]]には[[ソ連共産党政治局]]員候補に選出された。
 
== 生涯 ==
[[第二次世界大戦]]中、シュヴェルニクは主に[[ヨーロッパ・ロシア]]の産業を[[ナチス・ドイツ]]の侵攻から[[ウラル]]以東に疎開させる役割を担った。戦後の[[1946年]][[ミハイル・カリーニン]]の跡を襲いソ連の[[国家元首]]である最高会議幹部会議長に選出された。[[1952年]]党幹部会員(政治局員)に昇格するが、翌[[1953年]]スターリンの死後、幹部会員候補に降格されている。
[[1888年]]、サンクトペテルブルクに生まれる。[[1905年]][[ボリシェヴィキ]]に入党する。[[1924年]][[ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国]]の[[人民委員]]に就任し、翌[[1925年]]には党中央委員に選出された。[[1927年]]に[[ウラル地方]]の党書記に降格されるが、[[ヨシフ・スターリン|スターリン]]の[[五カ年計画]]に基づく重工業化に対する熱心な唱道者であったため、政治的に復権を果たした。[[1929年]][[モスクワ]]に戻り冶金労働者組合議長に就任し、共産党組織局員兼書記に選出された。[[1930年]]全ソ労組中央評議会第一書記に就任し、[[1944年]]までこの地位にいた。[[1939年]]には[[ソ連共産党政治局]]員候補に選出された。
 
[[第二次世界大戦]]中、シュヴェルニクはおもに[[ヨーロッパ・ロシア]]の産業を[[ナチス・ドイツ]]の侵攻から[[ウラル]]以東に疎開させる役割を担った。戦後の[[1946年]][[ミハイル・カリーニン]]の跡を引継ソ連の[[国家元首]]であに相当する最高会議幹部会議長に選出された。[[1952年]]党幹部会員(政治局員)に昇格するが、翌[[1953年]]スターリンの死後、幹部会員候補に降格されている。
スターリンの死後は、一層、名目上の国家元首として存在感を薄くしていたが、その地位を[[クリメント・ヴォロシーロフ]][[ソ連邦元帥|元帥]]に取って代わられた。最高会議幹部会議長を退いたシュヴェルニクは、古巣である全ソ労組中央評議会議長に選出された。[[1953年]][[ニキータ・フルシチョフ|フルシチョフ]]によってソ連共産党統制委員会議長に就任する。フルシチョフは非スターリン化の一環として、シュヴェルニクを[[大粛清]]の犠牲者に対する名誉回復を担当させた。このため、この時期統制委員会は「シュヴェルニク委員会」と呼ばれた。[[1957年]]党幹部会員に復帰し、[[1966年]]に引退するまで正会員の地位を保った。
 
スターリンの死後は、一層、名目上の国家元首として存在感を薄くしていたが、その地位を[[ソ連邦元帥]]である[[クリメント・ヴォロシーロフ]][[ソ連邦元帥|元帥]]に取って代わられた。最高会議幹部会議長を退いたシュヴェルニクは、古巣である全ソ労組中央評議会議長に選出された。[[1953年]][[ニキータ・フルシチョフ|フルシチョフ]]によってソ連共産党統制委員会議長に就任する。フルシチョフは非スターリン化の一環として、シュヴェルニクを[[大粛清]]の犠牲者に対する名誉回復を担当させた。このため、この時期統制委員会は「シュヴェルニク委員会」と呼ばれた。[[1957年]]党幹部会員に復帰し、[[1966年]]に引退するまで正会員の地位を保った。
{{先代次代|[[最高会議幹部会議長|ソ連最高会議幹部会議長]]|[[1946年]] - [[1953年]]|[[ミハイル・カリーニン]]|[[クリメント・ヴォロシーロフ]]}}
 
[[Category:ソビエト連邦の政治家|しゆうえるにく にこらい]]
{{先代次代|[[最高会議幹部会議長|ソ連最高会議幹部会議長]]|[[1946年]] - [[1953年]]|[[ミハイル・カリーニン]]|[[クリメント・ヴォロシーロフ]]}}
[[Category:1888年生|しゆうえるにく にこらい]]
 
[[Category:1970年没|しゆうえるにく にこらい]]
[[Category{{DEFAULTSORT:1888年生|しゆうえるにく にこらい]]}}
[[Category:ソビエト連邦の政治家|しゆうえるにく にこらい]]
[[Category:1888年生]]
[[Category:1970年没]]
 
[[de:Nikolai Michailowitsch Schwernik]]