「成長」の版間の差分

m
cleanup, catfix, interlangs
m (cleanup, catfix, interlangs)
1'''成長'''(せいちょう)とは物や物事育って発達し大きくなることをいう【<>飼っている小鳥えば[[経済]]発展することを[[経済成長した]]と呼んだりする私が本項目では主に生物の成長して大人なったついて説明する
 
'''成長'''とは、ある[[生物]]が、その[[生活史]]において、[[個体]]がその[[発生]]から死に至る過程で、もっともよく発達した生物の形へとその姿を変える間の変化をさす。典型的なものは、[[多細胞生物]]に見られるものである。成長は、大きく分けて'''構造の発達'''と'''大きさの増大'''の2つの面があり、多くの場合、この両者が同時に行なわれる。
ただし、植物の場合は生長と書く。【<例>庭に植わっているタンポポが生長した。】
 
2、物事が大きくなること。【<例>経済成長。父さんの勤めている会社が成長して大企業となった。】
 
 
== 生物における成長 ==
'''成長'''とは、ある[[生物]]が、[[生活史]]において、[[個体]]がその[[発生]]から死に至る過程で、もっともよく発達した生物の形へとその姿を変える間の変化をさす。典型的なものは、[[多細胞生物]]に見られるものである。
 
成長は、内容的には大きくは以下の2つの面がある。
#構造の発達
#大きさの増大
多くの場合、この両者が同時に行なわれる。
 
かつて、[[動物]]には'''成長'''の文字を、[[植物]]には'''生長'''の文字を使った。これは、動物の場合、構造の発達的な面が、特に成体の形への体の完成というように見える点が大きいのに対して、植物の場合には、大きさの増加の面が強く感じられるからである。しかし、現在では両者に対して'''成長'''を使う場合が多い。
分裂組織で作られた組織は、その後は分裂することなく、発達し、大きくなる。
 
{{Biosci-stub}}
[[Category:発生生物学|せいちよう]]
[[Category:細胞生物学|せいちよう]]
 
[[de:Wachstum]]
[[Category:生物学|せいちよう]]
[[en:Growth]]
{{字引}}
[[fr:Croissance]]
[[mk:Раст]]
[[nl:Groei]]
6,278

回編集