「中野清 (政治家)」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
 
== 経歴 ==
[[1971年]]、保守系無所属の川越市議会議員として立候補し、市議会議員を連続2期務める。当時の埼玉県議会議員(川越市選出)であった[[舟橋功一]]が衆議院選挙出馬時の川越市選挙対策責任者を担当した。舟橋が衆議院選挙落選後、支持者への相談が一切ないまま[[自由民主党]]を離党し[[新自由クラブ]]へ入党したため、中野は舟橋と袂を分かち、自身は保守系無所属の市議会議員として川越市議会副議長などを務めた
当時の埼玉県議会議員(川越市選出)であった[[舟橋功一]]が衆議院選挙出馬時の川越市選挙対策責任者を担当した。舟橋功一が衆議院選挙落選後、舟橋支持者への相談が一切ないまま[[自由民主党]]を離党し[[新自由クラブ]]へ入党した。このため、舟橋功一と袂を分かち、中野本人は保守系無所属の市議会議員となり川越市議会副議長などを務めた。
 
[[1983年]]、埼玉県議会議員に初当選、連続3期トップ当選を果たした。中野本人が県議会議員であった当時の[[川越市]]を含む[[埼玉県第2区 (中選挙区)|埼玉県第2区]](中選挙区制下)では、保守系候補としては自由民主党の[[小宮山重四郎]]と新自由クラブの[[山口敏夫]]がいた。当時の中選挙区下では、自民党県議団の一員として活動した。当時の自民党埼玉県議団は、山口敏男系と[[土屋義彦]]系の2派が自民党県議団を構成していたが、中野は土屋義彦系の県議として活動した。県議を辞任する当時、中野は自由民主党埼玉県支部連合会広報副部長を担当していた。
[[1983年]]、埼玉県議会議員に初当選、連続3期トップ当選を果たした。
中野本人が県議会議員であった当時の[[川越市]]を含む[[埼玉県第2区 (中選挙区)|埼玉県第2区]](中選挙区制下)では、保守系候補としては自由民主党の[[小宮山重四郎]]と新自由クラブの[[山口敏夫]]がいた。
当時の中選挙区下では、自民党県議団の一員として活躍した。
 また当時の自民党埼玉県議団は、山口敏男系と[[土屋義彦]]系の2派が自民党県議団を構成していたが、中野は土屋義彦系の県議として活動した。
県議を辞任する当時、中野は自由民主党埼玉県支部連合会広報副部長を担当していた。
 
 [[1993年]]の川越市長選挙に、当時の市長[[川合喜一]]の後継指名を受け、保守系無所属で立候補した。前年の[[1992年]][[埼玉県知事]]選挙候補者選定の際に、「不退転の決意」で出馬表明した当時参議院議長の土屋義彦の出馬辞退を画策した[[金丸信]]などの一派であった山口敏夫(当時は自民党へ復党)が川越市の地盤回復を企図し、早々に支援を表明した。これに対して、小宮山は「中野は山口系市長候補」と判断し対立候補探しを行ない、過去に小宮山氏と衆議院選挙を戦い敗れた舟橋功一に白羽の矢を立てた為、保守勢力支持層がねじれ状態となり、川越市長選は小宮山、山口の[[代理戦争]]の様相を見せたものとなった。
[[1993年]]の川越市長選挙に、当時の市長[[川合喜一]]の後継指名を受け、保守系無所属で立候補した。
その結果、自民党保守勢力一部・[[民社党]]が支持する中野と自民党保守勢力一部・[[日本社会党|社会党]]・[[日本共産党|共産党]](表面上の支持表明はせず)が支持する舟橋という構図となった([[公明党]]は[[自主投票]])。結果は、わずか389票差で中野は川越市長選挙に破れた
前年の[[1992年]][[埼玉県知事]]選挙候補者選定の際に、「不退転の決意」で出馬表明した当時参議院議長の土屋義彦の出馬辞退を画策した[[金丸信]]などの一派であった山口敏夫(当時は自民党へ復党)が川越市の地盤回復を企図し、早々に支援を表明した。
 これに対して、小宮山は「中野は山口系市長候補」と判断し対立候補探しを行ない、過去に小宮山氏と衆議院選挙を戦い敗れた舟橋功一に白羽の矢を立てた為、保守勢力支持層がねじれ状態となり、川越市長選は小宮山、山口の[[代理戦争]]の様相を見せたものとなった。
その結果、自民党保守勢力一部・[[民社党]]が支持する中野と自民党保守勢力一部・[[日本社会党|社会党]]・[[日本共産党|共産党]](表面上の支持表明はせず)が支持する舟橋という構図となった([[公明党]]は[[自主投票]])。
結果は、わずか389票差で中野は川越市長選挙に破れた。
 
[[1996年]]の[[第41回衆議院議員総選挙|総選挙]]で[[埼玉県第7区]]での衆議院選挙出馬を決意。当時、自民党現職の[[小宮山重四郎]]がいたこともあり、自由民主党を離党し、[[新進党]]に入党して公認を受けての出馬となった。選挙直前に小宮山重四郎が急逝した後を継いだ自民党公認の[[小宮山徹]]を破り、衆議院議員に初当選を果たした。以後4期連続当選を果たしている。川越市政においては対立候補であった舟橋川越市長を支援している
そして、選挙直前に小宮山重四郎が急逝した後を継いだ自民党公認の[[小宮山徹]]を破り、衆議院議員に初当選を果たした。
以後4期連続当選を果たしている。
川越市政においては対立候補であった舟橋川越市長を支援している。
 
[[1997年]]新進党埼玉県連会長に就任、その後行われた新進党党首選では当時党首候補だった[[小沢一郎]]に党内融和の促進など5つの要請を行い埼玉県連あげて支持したが、党首選からわずか4日後に小沢一郎党首により新進党は解党への道を辿った。
しかし党首選からわずか4日後に小沢一郎党首により新進党は解党への道を辿った。
 
[[1998年]]新進党解党後翌年、埼玉県内から選出された議員が中心となり発足した[[改革クラブ (1998-2002)|改革クラブ]]に所属し、保守系議員として活動した。
*[[北京オリンピックを支援する議員の会]]
*[[再チャレンジ支援議員連盟]]
 
 
== 関連項目 ==