「原田嘉種」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''原田 嘉種'''(はらだ よしたね、[[1584年]] - [[1660年]] )は、[[高祖城]]主。[[原田信種]]の長男。弟に[[原田種房]]がいる。
 
通称は'''原田伊予'''(役職が[[伊予守]]だった)。会津藩に出仕後は原田種次と称する。
[[明暦]]3年([[1657年]])、家督を長子[[原田種長|種長]]に譲り1500石を相続させ。次子には500石を分与した。第3子[[江上種弼|種弼]]は[[江上勝種]]([[江上家種]]の子)の養子となり[[江上氏]](江上氏は[[原田氏]]の分家筋に当たる)を継承した。
 
{{デフォルトソート:はらた よしたね}}
 
 
[[Category:戦国武将]]
[[Category:1584年生]]
匿名利用者