「ジャンクDNA」の版間の差分

編集の要約なし
m (理研による大発見を追加。)
今のところ、これらの全てあるいは部分的にはかなり信頼できる。ジャンクDNAの多くの部分は遺伝子調節において重要な機能を持っているらしく、例えばヒトの場合、転写されたDNAのわずか2%の部分だけが蛋白質に翻訳される。したがって、ゲノムレベルにおける遺伝子の機能に関する、時代遅れの誤った認識を与える'ジャンクDNA'という用語は使用が避けられるべきものであり、'非蛋白質コードDNA'([[noncoding DNA]])のようなより正確な用語の使用が好まれる。 真の'ジャンクDNA'の領域では変異がランダムに発生し、その発生数も比較的多いだろうと予想されるため、種間での比較によってそれらの領域を識別することができる。
 
進化に関連してひとつ言及しておくべきことがある。ジャンクDNAがかなりの割合を占めるとする仮定 - 例えばヒトにおける'97%'という値 - は進化論とは決して調和しえない、という事にはには注意が必要である。細胞分裂の度に行われるこのような多量に含まれる無用の情報ジャンクDNAの複製は、役に立たないヌクレオシド情報作成保存観点から言えば無駄な行為である。しがってジャンクDNAの割合が高いということは多くのエネルギーが浪費されることにつながりを意味し、生命にとっては重荷となるだろう。そのため、進化論における時間のスケールの上において、自然選択における懲罰的な損失を被る事なく利用可能なエネルギーおよび物質量を維持できるような水準に、削除的な変異による'ジャンク'配列の除去によってその量が削減されなければならない。本当に'ジャンクDNA'配列が存在しているという(考えは、現在では想定されたときほど一般的とは考えられな支持を得ているわけではない)事実はポピュラーな科学では一般的支持を得ている科学的進化論おいて通常考えられている、よりエネルギーを維持するような[[自然選択説|自然選択]]の要求はそれほど厳しくないことを示唆している。
 
== 外部リンク ==
匿名利用者