「友野詳」の版間の差分

m
* ガープス・ルナル([[角川スニーカー文庫]]、[[角川スニーカーG文庫]])
* ガープス・ルナル(完全版)
* ガープス・ユエル
 
** 鬼面都市の冒険(角川スニーカー文庫、角川スニーカーG文庫)
** ガープス・ルナル・モンスター(角川スニーカーG文庫)
** 月を追うものたち
** ガープス・ルナル・サーガ・リプレイ 第1部 四姉妹編(篇(下巻)) ISBN 978-4-04-461422-5
** ガープス・ルナル・サーガ・リプレイ 21銀色の闇編(上四姉妹篇(巻)) ISBN 978-4-04-461423-2
** ガープス・ルナル・サーガ・リプレイ 32色の刻編(闇篇(下巻)) ISBN 978-4-04-461428-7
** ルナル・サーガ・リプレイ 第2部 銀色の闇篇(下) ISBN 978-4-04-461429-4
 
** ルナル・サーガリプレイ 第3部 闇色狂気([[富士見ドラゴンブック]])(上) ISBN 978-4-04-461435-5
** ルナル・サーガリプレイ 魔獣第3部 闇色(下) ISBN 978-4-04-461437-9
** ルナル・サーガ パーフェクトコレクション ISBN 978-4-04-714514-6
** ガープス・ルナル・リプレイ青嵐の島篇(上下巻)
** :小説ルナル・サーガリプレイ 天空6巻蹄篇完結を記念した資料本。
*: 以降は、ガープスの版権が富士見書房に移ってからのもの。物語や登場人物は角川版から引き継がれている。
** ガープス・ルナル・リプレイ月に至る子(全3巻)
** ルナル・サーガ・リプレイ 時の狂気篇 ISBN 978-4-82-914357-5
: ガープスの版権が富士見書房に移ってからのもの。物語や登場人物は角川版から引き継がれている。
** ルナル・サーガ・リプレイ 魔獣の夢篇 ISBN 978-4-82-914362-9
 
** ガープス・ルナル・リプレイ 青嵐の島篇(下巻)) ISBN 978-4-82-914364-3
** ルナル・サーガ・パーフェクトコレクション
** ガープス・ルナル・リプレイ月に至る子(全3巻) 青嵐の島篇(下) ISBN 978-4-82-914365-0
 
** ユエルナル・サーガリプレイ第1部 (全3巻)天空の蹄篇 ISBN 978-4-82-914369-8
** ルナル・サーガ・リプレイ 月に至る子1 ISBN 978-4-82-914373-5
 
** ルナル・サーガ・リプレイ 月に至る子2 ISBN 978-4-82-914383-4
: ルナルは友野の看板作品といえるシリーズである。リプレイは1990年代前期から中期にかけて、コンプRPG誌に連載され各種のサプリメントとともに角川G文庫から出版された。その後コンプRPG、ゲームクエストの休刊後は富士見ドラゴンブック作品が発表されている。コンプRPGでの連載末期には、読者からリプレイに登場したキャラクターのその後を投稿原案として受け付けるコーナーなどもあった。
** ルナル・サーガ・リプレイ 月に至る子3 ISBN 978-4-82-914389-6
: ユエル・サーガは、ルナル・リプレイ完結編である「月に至る子」編の結末を受ける形で、別の大陸ジャナストラが舞台となっている。時代設定はルナルの200年以上後となっているが、ルナルのキャラクターも幾人かNPC(ノン・プレイヤー・キャラクター)として登場する(作中では明言は避けているが)。また、完全版ルールに対応している。
* ガープス・ユエル
 
** ユエル・サーガ・リプレイ(1) かくて宿命は刻まれた ISBN 978-4-82-914452-7
** ユエル・サーガ・リプレイ(2) かくて秘密は語られた ISBN 978-4-82-914462-6
** ユエル・サーガ・リプレイ(3) かくて未来は開かれた ISBN 978-4-82-914473-2
**: ルナルは友野の看板作品といえるシリーズである。リプレイは1990年代前期から中期にかけて、コンプRPG誌に連載され各種のサプリメントとともに角川G文庫から出版された。その後コンプRPG、ゲームクエストの休刊後は富士見ドラゴンブック作品が発表されている。コンプRPGでの連載末期には、読者からリプレイに登場したキャラクターのその後を投稿原案として受け付けるコーナーなどもあった。
**: ユエル・サーガは、ルナル・リプレイ完結編である「月に至る子」編の結末を受ける形で、別の大陸ジャナストラが舞台となっている。時代設定はルナルの200年以上後となっているが、ルナルのキャラクターも幾人かNPC(ノン・プレイヤー・キャラクター)として登場する(作中では明言は避けているが)。また、完全版ルールに対応している。
* 妖魔夜行(角川スニーカーG文庫)
** 妖怪秘聞
** 妖魔荘の怪事件
** 戦慄のチェスゲーム
**: 友野はコンプRPG、ゲームクエストにおいて妖魔夜行の読者投稿コーナーを担当している。ここで採用されたキャラクターは後に、リプレイにプレイヤーキャラクターとして登場し、妖魔夜行世界の幅を広げた。また未確認ながら、ガープス妖魔夜行に対応して作られた読者投稿データを実験するために製作されたと思しきシナリオも掲載されている。
 
: 友野はコンプRPG、ゲームクエストにおいて妖魔夜行の読者投稿コーナーを担当している。ここで採用されたキャラクターは後に、リプレイにプレイヤーキャラクターとして登場し、妖魔夜行世界の幅を広げた。また未確認ながら、ガープス妖魔夜行に対応して作られた読者投稿データを実験するために製作されたと思しきシナリオも掲載されている。
 
* 百鬼夜翔(角川スニーカー文庫、富士見ドラゴンブック)
 
* 央華封神([[電撃ゲーム文庫]])
** 妖怪どもをぶっとばせ!
** 空の果てまで飛んでいけ!
 
{{DEFAULTSORT:とものしよう}}