「自然吸気」の版間の差分

m
少し追記
m (少し追記)
'''自然吸気'''(しぜんきゅうき)とは、[[ターボチャージャー]]や[[スーパーチャージャー]]などの[[過給機|過給器]]を使わず[[大気圧]]でシリンダー内に吸気する、[[エンジン]]の区別方法のひとつ。'''NA'''(エヌエー:Natural Aspiration〈ナチュラルアスピレーション〉、またはNormal Aspiration〈ノーマルアスピレーション〉の略)<ref>記述の際には「N/A」あるいは「N.A.」と書かれる事もある。</ref>や'''無過給'''<!--バス雑誌「バスラマ・インターナショナル」ではこの書き方が多いようです。同誌24号だけでp44・45・46で使用-->と呼ばれることもある。とくに[[自動車]]において、このようなエンジンを'''自然吸気エンジン'''と呼ぶ。本来、自動車に限らずエンジンはすべて自然吸気であったが、過給器が自動車に普及し出してから呼ばれるようになった[[レトロニム]]である。本項では自動車エンジンにおける自然吸気について述べる。
 
== 概要 ==
== 自然吸気による実用的高出力エンジン ==
* 可変バルブタイミング機構(リフト機構)により出力(特に馬力)を上げる事が出来る。自動車メーカーでは積極的に採用している。代表的な物にホンダの[[VTEC]]([[i-VTEC]])やトヨタの[[VVT-i]](VVTL-i)、日産の[[NEO VVL]]・三菱の[[MIVEC]](派生モデルMIVEC-MD)などがある。
* シリンダーのボア径を広げるクランクシャフトの変更によりストローク長を変えるなどにより、排気量を上げる。
* ピストンを変更し頭部高さを高くする、シリンダーヘッド又はシリンダーブロックのガスケット面を面削するなどにより、圧縮比を上げる。