「IA-64」の版間の差分

m
編集の要約なし
(→‎歴史: 詳細は[Itanium]]に一本化)
m編集の要約なし
 
== 概要 ==
[[インテル]]は[[1990年代]]に、[[x86]]で32ビットの[[パーソナルコンピュータ]]市場では主流となったが、64ビットの[[サーバ]]市場はいわゆる[[RISC]]陣営([[SPARC]]、[[MIPSアーキテクチャ|MIPS]]、[[PA-RISC]]、[[POWER]]など)に占められており、また32ビット市場でもAMD,[[サイリックス|Cyrix]]など互換プロセッサーメーカーの攻勢を受けていた。
 
[[インテル]]は[[RISC]]陣営の一社であるヒューレット・パッカード (HP)と提携し、HPの'''[[VLIW]]'''技術(後に改良版の'''[[EPICアーキテクチャ]]''')を採用する'''IA-64'''の共同開発を発表した。この際、従来の32ビットまでの[[x86]]アーキテクチャを'''IA-32'''と呼び、将来的にはIA-64に置き換えられるとした。またHPはIA-64を自社の[[PA-RISC]]([[HP-UX]]稼動CPU)の後継と位置づけた。
 
この提携の目的は、インテルには上位[[サーバ]]市場への本格進出と互換プロセッサーメーカーの振り切り、更には[[Microsoft Windows NT|Windows NT]]でRISC([[MIPS]]、[[DEC Alpha|Alpha]]、[[PowerPC]])もサポートした[[マイクロソフト]]への牽制、またHPには次世代プロセッサーの開発費用分担と事実上の業界標準への狙いがあったと言われるが、PC市場のインテル独占状態がサーバ市場にも及ぶと考えられ業界に衝撃を与えた。またIA-64は既存のIA-32とは互換性が無い([[エミュレータ|エミュレーション]]のみ)事も広く議論となった。
 
しかしIA-64は、[[Itanium]]の開発遅延と性能の低さ、結果としてHP(およびHPと提携する[[日本電気]]、[[日立製作所]])以外の採用メーカーの少なさ、自社以外のサポート[[オペレーティングシステム|OS]]の少なさ、その間の競合プロセッサ([[SPARC]]、[[POWER]]など)の性能向上、更にはx86市場の64ビット化にはx64(IA-64を批判したAMDによる[[AMD64]]、およびインテル版実装の[[Intel 64]])が普及してしまった。[[2005年]]9月には[[デル]]がIA-64から撤退した。POWERを持つ[[IBM]]も[[2005年]]以降はほとんど採用していない。
 
IA-64は現状では、HP(およびHPと提携する日本電気、日立製作所)のPA-RISC後継、および[[レジスタ (コンピュータ)|レジスタ]]数が多いなどエミュレーションによって異なるアーキテクチャからの移行が容易な事もあり、一部の[[無停止コンピュータ]]([[HP Integrity NonStop]]など)や[[OpenVMS]]、[[メインフレーム]]や[[オフィスコンピュータ]]([[富士通]]、日本電気、[[Bull]]など)の置き換えプロセッサが中心となっている。
 
== 歴史 ==