「X 2000」の版間の差分

m
(+一等車の食事サービスは必定ではない)
m (→‎X2000車両の北欧以外への展開: 北東回廊にリンク)
 
==X2000車両の北欧以外への展開==
[[アメリカ合衆国]]の東海岸で、[[アムトラック]]が[[ボストン (マサチューセッツ州)|ボストン]]から[[ニューヨーク]]を経て[[ワシントンD.C.]]に至る[[北東回廊]]の高速列車に採用する車両として、[[フランス]]の[[TGV]]、[[ドイツ]]の[[ICE]]などとともにX2000も候補に挙がり、試験走行を経て一時期営業試運転に漕ぎ付けたが、最終的に[[TGV]]を基本とする[[鉄道車両|車両]]が採用されたため、X2000を基本とする車両が本格的に営業運転に採用されるには至らなかった。
 
[[オーストラリア]]東部でもX2000車両の試験走行が行われたことがある。