「楊応龍の乱」の版間の差分

修正
(立項)
 
(修正)
翌年の1600年(万暦28年)に楊応龍が龍泉を占領すると、重慶に駐屯していた李化龍は8路より各3万の軍勢を率いて進撃を行ったが、この時の兵士は3割が官兵で7割が土司であったという<ref name="okano1971"/>。これらの軍勢には朝鮮で戦った[[劉テイ]]や[[陳リン]]が動員され、その家丁には朝鮮で投降した日本兵(降倭)が鉄砲兵力として編入されており[[仏郎機砲]]などの火器と共に、弓矢にて武装していた楊応龍軍を圧倒した<ref name="kuba2002">久芳崇「16世紀末、日本式鉄砲の明朝への伝播--万暦朝鮮の役から播州楊応龍の乱へ」2002年</ref>。苗族は楊応龍と共に集い、同調して侵略を行っていたが、明朝による包囲が狭められると共に離反していった。楊応龍は海龍にて包囲され、籠城戦となり翌年の1601年(万暦29年)6月に愛妾2人と共に自殺し、楊応龍の乱は収束した<ref name="okano1971"/>。
 
=== 出典 ===
{{Reflist|2}}
 
== 関連項目 ==
[[万暦の三征]]
2,570

回編集