「畠山政国」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''畠山 政国'''(はたけやま まさくに、[[文亀]]2年([[1502年]]) - [[天文 (元号)|天文]]19年([[1550年]])))?)は[[河内国]]の[[守護大名]]。[[畠山尚順]]の子で、[[畠山稙長]]・[[畠山長経|長経]]の弟。[[畠山高政]]・[[畠山政尚|政尚]]・[[畠山昭高|昭高]]の父。
 
稙長が[[木沢長政]]によって追放され、続いてもう一人の兄である長経が暗殺されると、当主として擁立された。しかし長政の傀儡に過ぎなかった。[[1542年]]、木沢長政が戦死すると後ろ盾を失い、重臣によって[[紀伊国]]に追放され、出家した。[[1545年]]に当主として復帰した稙長が没すると、家督を継いで復帰している。
 
天文19年に没したといわれているが、その後も活動していたとする記録もあり、天文年間末期頃の死没とする見方もある。
 
[[category:守護大名|はたけやままさくに]]
{{生没年|はたけやままさくに|1502年|1550年}}
[[Category:戦国大名|はたけやままさくに]]
{{生没年|はたけやままさくに|1502年|1550年}}